注文住宅の業者選び。建築業者さん3社の見積もりを取ってみた!

今回、施主さんの要望で違う工務店3社から見積もりを取ったんですが、

 

予想通りというか当然というか、見積もり金額はバラバラでした。

 

 

中身をチェックしていましたが、この見積もりと言うのはどれが適正でどれが高くて、

 

どれが安いというのは分からないものだとおもいました。

 

 

 

確かに総合の金額は安い工務店と高い建築会社では、600万円くらいは

 

違う見積もりになっています。

 

ただ、安いから適正とか高いからボッタくりとは言えません。

 

それぞれの工務店、建築会社が自社で工事を引き受けた場合の

 

金額は○○○万円と見積もったわけです。

 

 

金額の高い安いは、材料仕入れが高かったり安かったり、

 

専門工事代金が高かったり安かったり、

 

その他利益や経費が高かったり安かったり

 

3社3様の事情や考え方があるわけです。

 

 

そのような中で出された見積もりですから、どれが適正と判断するのは難しいのです。

 

高いから悪で安いから善とは言えないものです。

 

また逆の場合も安から悪で高いから善とも言えません。

 

これだから相見積の比較は難しいですね。

 

 

そうは言っても、施主さんには予算が有るのですから、

 

同じ家を建てるのなら安く作れる工務店がいいわけです。

 

もちろん安さだけではなく技術力や人間性も大事です。

 

相性も大事です。

 

 

しかし、このあたりになると1回2回あったぐらいで判断できるものではありません。

 

そうなると結局、価格の安さで判断するのか?となります。

 

 

一般的に小さな工務店は建築費が安いですが、安いだけではダメなのは誰でも知っています。

 

 

安さに加えアフターサービスや信用、信頼できるかということになります。

 

 

多くの人が高くてもハウスメーカーに家づくりを依頼するのは価格が高くても、

 

ハウスメーカーならちゃんとやってくれるだろう。

 

ハウスメーカーなら倒産もしないし、心配ないだろう。

 

ということからハウスメーカーに頼む人も多いのです。

 

 

でも建築業を長くやっていると、ハウスメーカーも

 

小さな工務店も中堅の建築会社もそんなに差はありません。

 

 

ハウスメーカーでも小さな工務店でも欠陥住宅になる場合もあるし、

 

倒産の危険も変わりません。

 

 

そもそも小さな工務店は倒産するような経営はしていません。

 

 

小さな工務店をあなた自身が信用信頼出来るならお手頃な

 

価格で良い家ができるのは間違いありませんし、

 

同じ家ならハスメーカーの家が高いのも間違いありません。

 

 

それにしても見積もりというのは、高くても安くても

 

建築業者次第でどうにでもなる性質もあるということが、

 

分かっていただけたでしょうか?

 

 

極端な話をすると、見積もりの高い安いは、その会社がどれだけ利益を欲しいかです。

 

原価である材料費や施工費はどこでもそれほど変わりはありません。

 

 

 

さ~あなたならどっちの選択肢?

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。