家はいくらぐらいでできますか?という質問

良く聞かれる価格。

30坪くらいの家で自然素材の高断熱の家はいくらですか?

家はいくらでできますか?

家の価格は一概には言えません。

何処で家づくりをするかで価格や建築費は大きく

違います。




間取りや使用する素材、設備機器でも価格は違ってきますが

それは家の価格全体からしたら少しの違いです。

一番の価格差は工務店や建築会社、ハウスメーカーの利益の差です。


どの建築業者が利益が多くてどのような建築業者が少ないか?

この利益の差が300万円から1000万円の価格差になります。






建築サポートの家づくり企画ですと材料費と施工費そして

設計費で1290万円~1380万円かかります。


それから工務店、建築業者へ工事管理や工事全体を1式で

依頼するなら工務店の利益を適正額の200万円~400万円足す

必要がありますが建築サポートのアドバイスサポート

だけで家づくりをするなら200万円~400万円は不要です。。



ハウスメーカーの利益は1000万円以上というのも当然ですし

現場で働く施工工務店の利益は200万円くらいでも適正ですし

利益額はその建築業者が広告宣伝や営業マンなどの接客を

どれくらいやっているかで決まります。


1000万円の利益があれば、有名タレントを使い豪華なモデルハウスも

建ててお客さんをたくさん集めて営業マンが契約に持ち込むことも

できますが200万円の利益では広告宣伝は殆どできないでしょう。

もちろろん営業マンを雇うことはできません。




ただ、これは建築業者側の都合で施主には関係ないことです。


施主としては理想の家を出来るだけ安く建築できればいいのです。


施主が建築業者の会社経営のための費用を払う必要はないし、

その広告宣伝に付き合う必要もありません。


家の価格はいろいろですが、建築会社の経費や利益の考え方で

高くも安くもなります。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net