夏涼しく冬暖かい断熱工法

最近は異常な暑さですよね。

この暑さ対策は必須の今の家づくりです。

 

 

注文住宅をお考えのあなたなら一度は「断熱性」について考えたことがあるのではないでしょうか。

注文住宅をお考えのみなさんなら一度は「断熱性」について考えたことがあるのではないでしょうか。

断熱材を注文住宅の壁や床に入れることで、夏涼しく冬暖かい、快適な空間を作り上げられます。

では、断熱工法についてはどれくらいご存知でしょうか?

注文住宅は大きな買い物ですので、工法までしっかり把握して、最適な環境づくりをしましょう。

今回は断熱工法の種類とそれぞれのメリットについて紹介していきます。

 

 断熱工法の種類

1. 充填断熱工法この工法は、いわゆる内断熱です。

構造部材間の空間にグラスウールなどの断熱材を詰めて断熱し、小屋裏から家全体を包むことで断熱を可能にします。

2. 外張り断熱工法この工法は、いわゆる外断熱です。

構造改の外側にパネルタイプなどの断熱材を入れ、構造体の外側全体を覆うことで注文住宅に断熱性を施します。
<充填断熱工法のメリット>

1. コストが安い一般的に繊維系の断熱材が使用され、施工もしやすいので価格相場が安いのが特徴です。また、ほとんどの工事業者が用いている工法なので、どこに依頼しても価格が似たり寄ったりで、比較する手間が省けます。

 

2. 適温への立ち上がりが早いいくら注文住宅に断熱材を使用していても、真夏や真冬は冷暖房機を使います。冷暖房機で空調を調整するときに、一定の広さであれば部屋を適温にするまでの立ち上がりが早いというメリットがあります。

壁の内側で断熱しているため、断熱面積が小さく、熱のロスが少ないのが理由です。

 

3. 内断熱が最適な箇所がある注文住宅の壁の内側に断熱材を入れるため、屋根の形状に左右されず施行できるので、雨仕舞いに影響しないのがメリットです。

さらに、地下工作物などは内断熱しか用いられないので、この工法が最適です。

 

<外張り断熱工法のメリット>

1. 日射の影響を受けにくい外装材のすぐ内側に断熱層を施すため、日射や放射冷却の影響を受けにくいのという特徴があります。

家全体の熱損失が減少し、注文住宅の寿命が延びることでしょう。

 

2. 結露の心配がない注文住宅の構造体が室内環境を保つための蓄熱体となるため、部屋に大幅な温度差が生じにくくなります。

よって、冬期の結露の心配がなくなるのです。構造材の腐食を抑えられ、注文住宅をいい状態で保てるメリットがあります。

 

3. 壁内部のスペースが利用できる注文住宅の壁の外側に断熱材を入れるため、壁内部で配管、配線工事がしやすいメリットがあります。

また、小屋裏や床下のスペースも室内と同じように断熱された環境で利用することも可能です。
注文住宅の購入は人生の大きな買い物です。

家族全員が一年中快適に過ごせるように、断熱材の種類と違いについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

また、断熱工法はハウスメーカーや工務店など家づくりの専門家の間でもいろいろな考えがあります。

 

要はどの断熱工法もメリットとデメリットがあります。

そこを分かった上でどの断熱工法を採用するか決めてください。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net