ハウスメーカーと工務店。何を重視している

何を重視しているかで、大まかな分類はできます。 

 

 

広告やカタログが充実しているハウスメーカーと比べると、

 

工務店はどんな家づくりをしているかわかりにくいですよね。

 

『工務店』という単語で分類されているものの、

 

その規模や特徴は千差万別です。

 

工務店の数だけ種類があると言っても良いほどです。

 

 

ただ、『何を重視しているか』という視点で見ると、

 

・デザイン

 

・コストパフォーマンス

 

・材料

 

・技術力

 

・全体のバランス

 

など、大まかな分類はできます。

 

 

この中で、どれを選べぶのが正しいというわけではありません。

 

あなたが重視しているものと合うかどうか、

 

価値観が合うかどうかが大切なんです。

 

 

例えば、軽自動車の利便性を求めている人に

 

広くて快適な高級車を勧めても心に響きません。

 

 

 

あっさりした日本料理を食べたいと言っている人に

 

こってりした中華料理の名店を紹介しても

 

感謝されることはないでしょう。

 

 

ちょっと話がずれましたが、その業者が最も重視する部分が

 

自分の価値観と合うかどうかを調べれば、

 

選択肢はある程度絞られます。

 

 

 

最近は、ホームページや代表者のブログなど、

 

ネットで情報発信している業者が増えているので

 

そんな情報収集もしやすくなりましたね。^^

 

 

とはいえ、もしかしたら自分が何を重視しているのか

 

あなた自身がよく分かっていないかもしれません。

 

一つに絞り切れず、迷っているかもしれません。

 

 

そんな時は、

 

「なぜ、それを重視したいか?」

 

と自身に問いかけてみましょう。

 

その答えは、

 

『あなたと家族をより幸せにするための家づくり』に対し、

 

どの程度影響を与えますか?

 

その質問を繰り返すことによって、きっと答えが見えてくることでしょう。

 

 

 

ところで、

 

建築サポートは工務店ではないですが、以下のような住み心地や

 

適正低価格を重視しています。

 

自然素材x高断熱xデザインxエコ仕様の「佐賀エコハウス」の

 

提供価格は本体価格で1690万円税込みから1890万円税込みを想定し

 

ています。

 

 

延べ床面積33坪~35坪4LDKで太陽光発電5.04kW、

 

床下オリジナル全館換気暖房システムを付けて坪55万円で

 

提供します。

 

 

対象は子育て世代を中心とする30歳代。耐震等級3、

 

断熱性能はUa値0.54W/m2・K。

 

外観デザインは36タイプ。間取りは設計ルールの中で自由。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net