省エネの健康住宅で快適に暮らせる

“家を建てるのならもちろん満足できる良い家を建てたいもの、

 

でも家は何度も建てるものではないし建築の知識がない一般の人

 

なら、建築会社が提示した案を受け入れるのがベストではないかと

 

思ってしまいがちです。

 

 

しかし、そういった業者は自分の利益が少しでも多くなるように

 

いろいろと勧めてくるもの、実際に建ててしまってから無駄だったと

 

後悔してしまうことも多いようです。

 

 

 

また、建てる側としては安い方がありがたいのですが、安かろう悪かろう

 

の家では困ってしまうでしょう。

 

 

ですから、建築会社がお勧めする仕様にしてしまった方が間違いないだろう

 

と妥協してしまいがちです。

 

 

しかし、安くても良い家、満足できる家を建てることは可能です。

 

 

建築会社のムダ費用を全部省くことで、2割から3割はコストが下がるので、

 

思い切った決断も悪くはありません。

 

 

押さえておきたいのは、いかに快適に過ごせる家にするかということです。

 

人生において多くの時間を過ごす家ですから、ずっとそこに居たいと思え

 

て安らぎを感じられるかは重要でしょう。

 

 

 

最近は地球温暖化の影響で気候も不安定であることが多く、気温の変動に

 

体がついていかないこともあります。

 

 

そんな時に、常に快適に過ごせるエコ住宅ならストレスもなく安心して生活

 

することができるでしょう。

 

 

 

どんなに素敵なインテリアを揃えても、最近の機能が満載の設備にしたとしても、

 

冬は底冷えして夏は猛暑にぐったりするような家では安らぐことができません。

 

 

そんな家なら冬は暖房費が高くつき、夏はエアコンをフル回転させなければ

 

ならないので電気代にびっくりすることになります。

 

 

最初から夏涼しく冬暖かいエコ住宅にしておけば、一年を通して快適に過ごせるし

 

暖房費や電気代も安く抑えることが可能になります。

 

 

 

無駄な費用を省き最も必要な快適さを追求すること、夏涼しく冬暖かいエコ住宅を

 

安く購入することで満足できる良い家を手に入れることができるでしょう。”

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net