設計図作成と施工業者選び

佐賀県武雄市の見学会が終わりました。

 

見学会で建築サポートの家づくりで質問がありましたので

このサイトでもお伝えします。

 

先ず、設計について、”有”建築サポートでは設計図作成はメールを使います。

 

建築士と施主様そして必要な時は私、高井も設計打ち合わせに加わり

設計図を作っていきます。

直接、会わないで大丈夫でしょうか?という事で心配されていましたが、

大丈夫です。

 

 

施主さまが納得できる設計図ができるまで先には進みませんし、

こちらが勝手に設計図を変えたりもしません。

納得いくまで設計図作成をしていただいています。

 

また、メールのメリットは気軽にメールを通じて何回でも何十回でも意思疎通ができる。

これは対面ではできないメールの大きなメリットです。

 

もう一つの質問ですが、”有”建築サポートでの家づくりでは施工業者は施主が

選ぶ?決める?探さなければならないのか?

施工業者選びは非常に重要です。

 

一般的に施主様から見てどこの施工業者、工務店が良いのか分からないと思います。

施工業者の経験、技術力見ただけでは分かりません。

 

しかし、建築業界で45年以上家づくりに係ってきた私なら分かります。

良い施工業者、普通の業者の見分けは付きます。

 

そういう事で施主さまからの施工業者の指定がない限り建築サポートの方で

経験、技術力、知識、があるのは勿論ですが良心的な人柄など総合的に見て

決めます。

 

設計から施工業者選びまでトータルにあなたの家づくりをサポートするのが

建築サポートです。

 

あなたが欲しい家をあなたの予算内でできるだけ品質が高い家になるようにサポートします。

自然素材、高断熱、高耐震、デザイン住宅が今までの家づくりより2割から3割安くなるように

ムダな費用も徹底的に省きます。

 

このような家づくりを建築サポートとしたい方は先ずはメールでご相談ください。

お待ちしています。

 

 

それと建築サポートの家づくりで他社さんと違うところを聞かれましたが、

1・全体資金計画は施主様が家づくりサポートを受けながら施主様が安心安全な予算で決める。

2・設計図、仕様書が完成するまで契約に進まないので契約後に追加金額が発生しない。

自分が欲しい家が自分の予算内で可能という事でしょうか。

また、一般の建築会社さんや工務店さんは工事見積もりを出されますが、建築サポートでは

出しません。

お施主さんが決められた資金計画の中での予算配分をしますので、

その中での工事費を振り分け、工事予算配分書をつくるという事になります。

 

見積とは普通、建築業者さんや工務店さんが工事費を見積り施主様に提出する

ものです。

この家はお金がいくらかかりますよ。というものです。

 

工事予算配分書は施主様の無理のない工事予算の中で大工工事や基礎工事

屋根工事、設備機器にいくら使うという事で施主様が決められた予算を必要な費用に

配分するものです。

ここに大きな違いがあります。

 

ちょっと分かりにくいかも知れませんが、またお会いした時に説明します。

 

こういう家づくりを行っている会社はありません。

本当の意味での施主様主導の家づくり。

お客さま目線の家づくりです。

一般的な家づくりで予算、建築費、業者選びで少々疲れたら建築サポートにおまかせください。

家づくりを丸ごとサポートいたします。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net