ハウスメーカーVS地域の工務店、あなたはどちらを選びますか?

注文住宅の家づくりを建築業者や工務店の立場ではなく、施主の立場でアドバイスサポートができればもっと安くいい家ができる。

設計費や材料費、施工費に十分なお金を掛ければ自然素材、高断熱、デザイン住宅を今よりもっともっと安く建築できる。

このような考えから今の家づくりのアドバイスやサポートを行うようになりました。

 

ハウスメーカーや工務店、どちらもいい家を建てるとは思いますが、建築費も高い。

ここが問題なんですね。

 

ハウスメーカーも工務店ももっといい家を安く、安く建てる努力をして欲しいと

思っています。

 

さて、

私なら特別にハウスメーカーのブランドとか気にしませんから、どちらを選ぶと聞かれたら。

 

1・どこよりも安い価格

2・どこよりも高い住宅性能と品質

3・どこよりも良心的な建築会社の信用信頼

 

この3つで事足ります。

 

逆にこれだけが大事です。

 

 

注文住宅を建てる場合、家を建てる時は大きく分けて「ハウスメーカーに依頼する」又は

「地域の工務店に依頼する」このどちらかが一番多いのでは

ないでしょうか?

 

縦につながる吹き抜け空間。

佐賀県の場合ですと大手ハウスメーカーが結構多いです。


他県ですとローコストビルダーと言われる大きな住宅会社の場合もあります。


佐賀県の場合は、ローコストではなく、積水やミサワなどの

大手ハウスメーカー、一条工務店など性能重視で建てるが人が多いようです。


建築家という選択肢もありますが、まだまだ少ないですね。

建築サポートではこのような自然素材・高断熱の家を企画設計しています。

 

最近の家づくりは広告宣伝や営業マンなどの人件費がかかりすぎ。

建築会社が施工を請け負う会社から受注専門の営業会社に移行してしまった。

 

本来の建築会社とは施工会社と思うのですが、それが今は受注を取るための

営業会社という業態になってきた。

 

この建設業の変化が今のようなコスト高の家づくりになった一つの原因です。

その他に過剰な住宅性能や過剰な家づくりに関係ないお客さまサービス。

これらもそうですし、理不尽なクレーマー対策や建築業者のミスによる

損害も予備費を見積に加えることでその責任を自分で取らないで施主に

取らせる。

 

ここまで考えて見積もりを作っていないかも知れませんが、結局は

そういう事です。

 

 

 

 

 

 

建築業界内部的な話はこれくらいにして一般的な話をこれからします。

 

 

 

そこで今日は、ハウスメーカーと地域密着の工務店で建てた場合のメリットデメリットを考えて見ます。

まずハウスメーカーで建てた場合のメリット

メリット1 会社の規模が大きく、社会的な信用があり安心できそう。 

メリット2 住宅展示場がエリアごとにあり実体験でき、またカタログ等も豊富でどのような家が建つのかわかりやすい。 

メリット3 住宅ローンなどの資金的なお世話や、仮住まい、引越しにいたるまでしっかりと提携先があり、すべてお任せでしてくれる。 

メリット4 デザイン力があり、プレゼンテーションが早くてわかりやすい。 

メリット5 営業、設計、工務がそれぞれ教育されており、しっかりしている場合が多い。 




ハウスメーカーで建てた場合のデメリット

デメリット1 どんな家づくりの夢を持つ人に対しても、自社の
商品しか売ることができない。 

デメリット2 プラン、仕様等が自由設計を選択しても、いろいろな
規制があり、思ったほど自由にならない。 

デメリット3 広告宣伝費用、展示場経費、人件費のコストがかかるため、
工務店と比較し価格が高い。 

デメリット4 工期短縮のため、規格品が多用され、
品質の割りに価格は高い。

デメリット5 見積書に一式見積もりが多く、詳細が不明瞭に。 

デメリット6 契約までは標準仕様、契約後に詳細打ち合わせを
実施するので、あとからの追加金額がでやすく、変更したものは
割高となる。  

デメリット7 会社は利益第一、会社の利益になる事は進んでやるが、
建て主にとって不利益な事は黙っている場合が多い。
 
デメリット8 担当(営業、設計、工務)がそれぞれ分担制で、
コミュニケーションがとりづらい。 

デメリット9 実際に建てるのは地域の工務店であり、その下請けの
工務店に技術の差がある。 

デメリット10 建て主が家づくりに参加できない。




地域の工務店で建てた場合のメリット

メリット1 基本的に注文住宅のためどのような要望にも応えられる。

メリット2 広告宣伝費用、展示場経費、人件費のコストが
かからないためハウスメーカーより安い。

メリット3 工務店独自のこだわりがあり品質が高い家が多い。

メリット4 工事費の明細があり分かりやすい。

メリット5 設備機器など変更が自由にできる。

メリット6 工務店と一緒になって作っていくので、家づくりに参加できる。

メリット7 ある程度自分の予算内で建てる事ができる。




地域の工務店で建てた場合のデメリット


デメリット1 会社の規模が小さくなんとなく不安

デメリット2 カタログや展示場が無い為どのような家が
建つのかイメージしにくい

デメリット3 工程管理が徹底していない為工期が長くなる場合がある。

デメリット4 現場管理が徹底しておらず、統一感がない。

デメリット5 極端ではないが、工務店によっては品質にバラツキがある。

デメリット6 ドンブリ勘定的な部分もあり、不透明な部分もある。

デメリット7 住宅ローンなど手続きに建て主自身が動かなければならない。



ハウスメーカ・工務店もメリット、デメリットいかがですか。

この中にはハウスメーカーや工務店に限ってということでもない

「建設業者全体のデメリット」もあります。



依頼先選びの一つの方法として

例えば、こだわりが無くお任せでいいという人は

ハウスメーカーの方が大きな失敗はないと思いますし、

自分も家づくりに参加して、思い通りの家を建てたいという人は

工務店の方がいいですし、自分の家づくりの思いやスタイルを

考えたら良いと思います。

 

最後に注文住宅の家づくりは一生に1回だけの大金を使った大事業です。

失敗や後悔をしないためには大事な情報を知ることが基本です。

 

いい家を安く建てることは可能ですし、あなたの予算内であなたが欲しい家を建てることも可能です。

諦めないでいい家を建ててくださいね。

 

 

ハウスメーカー・工務店・設計事務所の家づくりとは全く違う第4の家づくり

家づくりを失敗・後悔したくない人は以下のサイトから情報収集!

家づくりの基本がわかった時にあなたの家づくりは成功します。

具体的にハウスメーカーの価格が建築削減をしていくらぐらい下がるのか?

安くなるのか、知りたい方はこのページで確認してください。

https://jyuutaku-sienn.net/lp/lp02/index.html

 

https://jyuutaku-sienn.net/lp/lp01/index.html

https://jyuutaku-sienn.net/lp/lp02/index.html

https://jyuutaku-sienn.net/lp/lp03/index.html

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net