単に建築費が安いのが適正価格なわけない

今日は家づくりにおいて一番大事な建築費のことを考えてみます。

家づくりをするときには見積書というのを建築会社から出してもらうのですが

初めて見積もりを見る方にとってこの見積もりが高いのか安いのかさえ

分からないと思いますがいかがでしょうか?

 

高いか安いか分からない見積もりをもらってもそれが適正な価格かどうか何て

分かるはずありませんね。

よく、建築会社も施主さんも「適正価格で家を建てる」ということを考えられると

思いますが、その適正価格とはどんな価格なのでしょうか。

 

適正価格とは一言ではなかなか言えませんが、安ければそれが適正価格かと言えば

それも違います。

適正価格はそれぞれの会社の規模や家づくりの考え方、利益の使い方、経費のかけ方

などで違います。

 

大手ハウスメーカーは経費や利益が多く必要ですのでその分建築費も高くなります。

大工さんが一人で経営する小さな工務店は、社員や事務員さんもいませんし、広告もしていないので

建築費は安くなります。

高い建築費でも安い建築費でもそれぞれの会社の規模などで適正価格とは違うものです。

 

しかし、それは建築会社の適正価格であり施主さんの適正価格とは少し違います。

施主にとっての適正価格というのはあるのか?

もちろんあります。

施主にとっての適正価格とは・・

それは単に安い価格でも高い価格でもありませんし

施主が満足できる価格というような曖昧な価格でもありません。

ちゃんと明確な価格があります。

 

施主にとっての適正価格とは、材料は最安値で仕入れた価格、

施工手間賃は、きちんと施工できるだけの最低賃金。

そして、建築会社の経費、利益は建築会社が存続できるギリギリの粗利益。

これが施主にとっての適正価格です。

安ければ安いほど施主にとってはいいことだと思いがちですが

そこには品質が伴っていなければ安物買いの銭失いになってしまいます。

「品質を維持しながら可能な限り安い価格」それが施主にとっての適正価格なのです。

 

そうはいっても、

施主さんと建築会社の適正価格というのは初めから違うのですから

適正価格については施主さんと建築会社は価格交渉してお互いが納得する

適正な建築費を決める必要があります。

 

 

発信元 佐賀県嬉野市 建築サポート

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net