高断熱の家、夏涼しく冬暖かい家アンケートをとってみた

このアンケートから多くの人は相場又は相場より安い価格の高断熱の家を 求められています。

夏涼しく冬暖かい家が良いのは分かっているが建築費が相場より高くなると どのくらい高くなるか

でも違いますが、実際問題として買えないという現実が あります。

高断熱住宅を如何に安くお客さまに提供できるかが今後の建築業界の課題では ないでしょうか?

 

夏涼しく冬暖かい家

夏が涼しく冬が暖かい家だと冷暖房費が節約されますし、

エコにもつながるので良いなと思います。

何もなくても過ごしやすい家は魅力的です。

 

相場より多少高くても買う

普通の家より価格が高いなるのは仕方ないと思いますが、

光熱費など先々の費用は抑えることが出来るのであればそれ程高くないのではないか

と思います。

但し通常の家とどれ位の価格の差があるか見極めて、法外に高いのであれば購入し

ないかも知れません。

 

 

一般的な普通の家

普通の家を購入したいです。

なぜなら飽きてくるのではないかと思うので最初から

普通の家が良いと思います。

 

相場より高いなら買わない

一生のことなので値段は気にすると考えます。

買ってから損したくないので相場より高い家は購入しないです。

 

 

夏涼しく冬暖かい家

夏場は気温が大きく上昇し、冬は雪が積もることがあるなど季節

の影響を強く受けるところに住んでいます。

 

なので、これらの対策がしっかりとできている家を買いたいと思って選びました。

 

 

相場より高いなら買わない

相場とほぼ同じか安いなら喜んで買いますが、

逆に高く設定してあるなら懐事情が厳しいので、買うのを控えざるを得ません。

ただし、高かったとしても、交渉によって満足のいく価格にまで下がるなら買うと思います。”

 

一般的な普通の家

東京在住なので、特別な環境の家は不要です。

それよりも。立地や日当たり、利便性など生活動線への影響を考えます。

 

相場より高いなら買わない

東京在住なので、特に家自体の環境を考慮する必要が無いからで

す。

通常のエアコンと床暖設備があれば十分ですから、相場より高額な家は買いません。”

 

 

 

夏涼しく冬暖かい家

季節の折々による、寒暖に身体が弱く、体調が悪くなったりするため、

なるべく一年を通して快適に暮らしたい。

 

相場より多少高くても買う

一生使うもので、また次世代にも残せるならば多少は高くても我慢して

生活するより快適に暮らすほうが自分らしい。

 

夏涼しく冬暖かい家

クーラーや暖房を過度に使う事で体調を崩すことも多くなってきたので、

電気代のこともありますし、家自体が過ごしやすい建物なら魅力的だと思いました。

 

相場より多少高くても買う

特殊な素材や技術を使用するのだと考えられるので、

一般的な建築方法よりも費用が掛かるのは仕方がないと思っています。

 

夏涼しく冬暖かい家

雪が降る地域に住んでいるため、夏はともかく冬温かいというのは

重要だと思いました。冬に地震が来て停電してしまっても安全な家がいいです。

 

相場より多少高くても買う

やはり自然災害が多い日本に住んでいるので、そのような性能が

保証されているなら致し方ないかと個人的には思います。

夏涼しく冬暖かい家 寒いのは嫌だし暑いのもいやです。

機能的でお洒落な家であれば言うことはありませんし、両方経験しているので。

 

相場より多少高くても買う

予算的になんとかなるのであれば、頑張って高くても

良い家が欲しいです。一生のすみかになるわけですので。

夏涼しく冬暖かい家 “冷暖房や空調を完備してどんな季節でも外気に左右されず

快適に過ごせるのが理想です。

気温が原因で体調を崩すこともしたくありません。”

 

相場より多少高くても買う

しっかりとした設備を完備するためには

多少のコストは容認でき、質の高い生活ができるなら価値はあると思います。

 

夏涼しく冬暖かい家

価格次第ですが、多少高い程度であるならば夏は涼しく、

冬は暖かい方が長期的にみて光熱費の節約にもなるので良いと思います。

 

相場より多少高くても買う

どの程度高いかにもよりますが、

多少であれば長期的にはお得にもなりそうな夏は涼しく冬暖かい方を選択します。

 

夏涼しく冬暖かい家

夏は風通しの良い家であり冬は温まる家の方がライフスタイル

が快適になるからです。真逆の家に住みたくありません。 相場より多少高くても買う

長い目でみたらお得なので、相場よりも高くても夏は涼しく冬は暖かい家を買いたいです。

その部分は、金額を惜しまないようにしたいです。

 

夏涼しく冬暖かい家

家に入った瞬間に暖かいな、涼しいなと思えるのは幸せだと思うし、

冷暖房にかかるお金もかなり節約できると思うため。 相場より高いなら買わない 我が家は特に

裕福と言うわけではないし、基本的にはちょっとお得な方が嬉しいので、相場より高い

なと感じれば買わない。

 

夏涼しく冬暖かい家

光熱費を抑えることができるからです。光熱費を抑えることは、家計に

とっていいことはもちろん、電気をあまり使わないことから地球環境にもいいと思います。

 

相場より多少高くても買う

買うという行為だけで見れば相場よりも高いかもしれないが、

その後長期間生活する中で光熱費を抑えることができれば長い目で見れば同じになりそうだから。

 

夏涼しく冬暖かい家

温暖さが激しい地域なので、夏は涼しく、冬は暖かいのが一番いいです。

何よりもゆっくりと過ごすことができそうです。 相場より高いなら買わない 相場よりも高いといざと

いうときに修理などにも費用がさらにかかりそうな気がします。

相場よりも高い場合はああ、プラス100万までです。

 

夏涼しく冬暖かい家

せっかくお金と時間をかけて一戸建てを新築するのなら、長く快適に暮ら

すことができるような家がいいと思うため

 

相場より多少高くても買う

断熱等、素材やつくりに値段がはるのは致し方ないと思うため。

ローンの長期化は、支払能力を継続させなければならないが、寿命を考えれば費用対効果は

高いと思う

 

夏涼しく冬暖かい家

どうせ買うなら過ごしやすい家を買ったほうが満足度が高いと思います。

どちらにせよ高額になるのであれば満足度の高い方が良いと思います。

 

相場より多少高くても買う

過ごしやすい家となると相場よりも高くなるのは仕方がないと思います。

そのため多少相場よりも高くても買うと思います。

 

夏涼しく冬暖かい家

夏涼しくて冬が暖かい方が光熱費がかからなくて、経済的だからです。

快適に暮らせて健康にもよさそうだからです。

 

相場より多少高くても買う

一生住むことを考えれば少し高くても快適な方を頑張って買います。

家は高い買い物なので妥協をしたくないです。


一般的な普通の家

夏涼しく冬暖かい家はとても魅力的だけど、絶対に費用が高くなるので、

一般的な普通の家で良いと思うから。

 

相場より高いなら買わない

お金に余裕があるわけではないし、これからの生活や教育費などを考えると

相場より高い家は買えないと思うから。

 

夏涼しく冬暖かい家

気候に対応して心地よい住まいでなければ長年住み続けることができないから。

また、住宅が長持ちするのもそのような快適な家であるから。

 

相場より多少高くても買う

快適性が最優先なので多少相場より高くても購入する。

逆に相場より安い場合は快適性が期待できない気がするので購入しない。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net