その家に暮らす人の快適を追求した間取り設計法

住宅相談はコチラをクリック

 

注文住宅ではどのような間取りにするかで家の良し悪しが決まります。

健康に暮らせる間取り。家事が効率よくできる動線。

子供がおおらかに育つ部屋の配置。

寒さや暑さで死なない寝室。

地震や台風にも強い頑丈な間取り。

 

家づくりではとても重要になります。

ここは自由設計と言えどもプロに任せた方がいい領域かもしれません。

 

注文住宅の自由設計は今までの設計間取りでも十分にいい間取りになります。

しかし、今までの間取りに一つ足らないことがありました。

 

それは自然の恵みの太陽光を十分に活かされていない。

 

効率のいい間取り優先。

コストカットができる間取り優先。

 

ここを今回は改善しました。

 

今回は新たに太陽基点ハウスの間取り設計法を取り入れます。

太陽の光を間取りにどう取り込むか?

取り込む場所は?取り込む時間や方角からベストな太陽光を間取り設計に活かします。

 

注文住宅の一番の良さは自由に設計できること。

自由に間取りを作れること。

折角の家づくりです。

いい間取りを太陽基点設計法で作りましょう。

 

お問合せは建築サポート又はメディアインターナショナルまで。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net