引っ越しの計画はお早めに 

引っ越しの計画はお早めに    

 

 

  ■3か月ほど前からOK

 

 

  引っ越し料金は、複数の業者に見積もりを依頼するのが一般的です。

 

  インターネットを使えば、必要事項を入力するだけで

 

  複数の業者の一括見積ができます。

 

  一括見積サービスは、予定日の3か月ほど前から利用できます。

 

  その中から数社に絞り、電話や訪問で詳細を確認します。

 

 

  もちろん、料金に関わらずあなたの意中の業者に依頼するなら、

 

  この手順は省いて構いません。

 

 

 

  ■繁忙期=割高

 

 

  複数の調査によると、

 

  住民の移動が多い(=引っ越しが多い)のは3~4月です。

 

  夏休み(7~8月)など、

 

  家族単位で引っ越しやすい時期も高くなる傾向があります。

 

 

  繁忙期の業者は、顧客獲得のために他社と争う必要がありません。

 

  割引サービスなどのお得感をアピールしなくても依頼が増えます。

 

  トラックや人手が足りない場合、

 

  外部にお金を払って調達しなければなりません。

 

  そんな理由などもあり、通常期に比べると

 

  繁忙期の料金は割高になります。

 

 

 

  ■料金を抑えるには

 

 

  料金を抑えたいなら、閑散期や通常期の平日が狙い目です。

 

  午前より午後の方が割安になることもあります。

 

 

  新居に合わせて新しい家具を揃えるなら、

 

  引っ越し業者に古い家具の処分を依頼すれば手間は省けます。

 

  しかし、その分料金は加算されます。

 

  そこで、業者に処分費の見積もりを貰ったら、まずは

 

  自治体や不用品回収業者の処分費と比較してみましょう。

 

  売却できるものは処分せず、

 

  リサイクルショップに持ち込むのもいい方法です。

 

 

 

  ■引き渡しの遅延

 

 

  引っ越しを予約する際、最も怖いのが『引き渡しの遅延』です。

 

  新居の引き渡し日は契約書に明記されているものの、

 

  引き渡しが遅れる可能性はゼロではありません。

 

  不測の事態に備えるため、計画通りに工事が進んでいるか、

 

  施工業者への定期的な確認を行いましょう。

 

  これは、引っ越しだけでなく、

 

  賃貸住宅の退去日等にも影響する大切なことです。

 

 

 

  ■作業計画書があると安心です

 

 

  引っ越しで大変なのが、電気、水道、郵便、新聞など、

 

  各所への連絡です。

 

  インターネットは工事日の調整もあるので、

 

  引っ越し当日からネット環境を利用したいなら

 

  できるだけ早めに依頼しましょう。

 

 

  そういえば、子供の転校手続きを行う場合、

 

  3月31日と4月1日では必要書類が異なるとか。

 

  自治体に転居届を出す日や転校先に書類を届ける日の計画等々、

 

  予備日を含めた計画を立てておくと安心ですね。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。