楽しい家、家づくり、子育て、健康、注文住宅「20代30代子育て支援ハウス」

本当の家とは、住む家ではなく、
「家族の明日が楽しくなる家」

育児子育、家事炊事、健康にも、資金ゆとりにも配慮された設計法
20代30代で建てて、失敗しない家創り、全国にアドバイス・サポート支援中

****************************************************

楽しい家企画研究室 室長 福本和敏(建設業歴46年)

設計プロデュース室 室長 高井弘一郎(建築経験45年)

新次元の家「楽しい家」を共同開発

今までにはない高性能の健康住宅です。

自然素材や高断熱、デザイン、適正低価格などのハードと

毎日の暮らしの楽しさや家族の健康、便利さなどのソフトが

完全融合!心身とも安全安心な住まいをご提供!

 

資料請求・住宅相談・ご質問はこちらからお気軽にどうそ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

お問い合わせ内容 (必須)

メッセージの確認 (必須)
お問い合わせの内容がよろしければチェックボックスにチェックをいれていただき、
 送信ボタンをクリックしてください。

家づくりテーマ「30代の子育て支援ハウス」
子育て中のお母さんが育児や家事を楽しく快適にできるプランです。 
【手作収納家具・学力向上子供部屋・ヒーリング寝室・自由発想】

台所は健康配慮の身長対応・浴室、トイレは暖かく。

 

建築医学・脳活性化によるご家族が心身共に健康に楽しく暮らせる住環境プランです。

●快適な暖かい台所とダイニング
台所は女性にとっては最も人生の時間を費やす空間です。
朝陽の差す暖かい台所、風通しの良い配置と彩風の窓そして大切なのが、奥様の身長に適したキッチンの高さ、お掃除のしやすさ。そうなっていないと、腰痛の原因になったりします。又、灯りはとても大切です。野菜の色、肉の色と食事を美味しくさせる照明と灯り又、音楽も必要です。


●健康配慮の暖かいトイレと浴室
最近、老後に配慮したトイレと浴室を求められる方が特に増えてきました。
真冬の寝室とトイレ、浴室、洗面脱衣所と暖房が効いたリビングとの温暖差による、心不全、脳梗塞対策として高断熱、寒がりの方には床暖房等を組み入れています。

居間は大切な家族交流の場、勉強も捗る子供部屋


居間の役目は家族交流の場
最近、家族崩壊がニュースやドラマで放映されてます。私たちグループは、加藤先生の指導の下、これらの原因を解析し「家族が自然に集まるリビングを研究しています。
楽しいニューメディア設備を導入しています。
映画にカラオケ、時には想いでの歌が流れるリビング、自然な木の香り、感動のリビングをご提案いたします。


勉強が好きになる子供部屋を
東京で有名な直井先生の「頭が良くなる子供部屋の作り方」を参考に、楽しいデザインの子供部屋をプランします。又「勉強が好きになる特別な設備」も、プレゼントします。


大切なのが地震に配慮した強い長寿工法の家


これからの時代の家の建て方

これからの時代、社会は益々混沌としていくでしょう。
であれば、東京の家のように「小さく建てて賢く住む」家造りをした方が便利になります。。
お子様が大きくなれば、横に増築されてもいいでしょう。3回建てて満足ではなく、一度建てて満足できる家こそ「世代変化対応間取りの家」こそ本当の家といえます。私達は「一度建てて三世代住める家」をご提案します。


建てるなら日本の風土に適した家を

様々な工法がありますが、大切な事は湿気が多い日本の自然に対処できる家であること。
そして、「四季を快適に過ごせる家」こそ本物の家といえます。木肌は香り湿気を吸い込んで家を快適に長持ちさせます。


●地震や台風の自然災害に強い家を

突然やってくる自然災害に強い家でなければ「長寿工法」にはなりません。補強金物、耐力壁をバランス良く配置した耐震プランをつくります。
長い間の地震、台風の自然災害に対応した家が「安心、安全」の家になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●設計指針

1・子どもの教育、学力向上

2・家族が健康に暮らせる

3・お金に困らない暮らし


基本プラン
1・若い世代の子育て支援ハウス 
2・住宅ローン返済ラクラクハウス
3・忙しい主婦のテキパキハウス
4・熟年夫婦が暮らす快適ハウス 
5・勉強が楽しく捗る子供部屋がある家


五つの基本プランにプラスする提案例

・家族で話しが弾み光が燦燦と入る楽しいリビング
・楽な姿勢で快適に料理ができる体適寸のキッチン
・学校の成績向上の秘訣子供部屋
・お父さんが趣味を十分楽しめる自分の部屋
・お母さんがゆっくり好きなことをできるスペース
・休みの日にはゆっくりシアターが楽しめるリビング

 

建築費や住宅ローンを少なくする取り組み

ムダな費用や建築に必要がない広告宣伝費等の経費を省き設計施工に十分な予算が取れるように

建築業務の分業効率化を仕組み化しています。

 

建築サポートの費用

建築業界平均より半額程度の費用に設定しています。

  • ①メールや電話でのアドバイス、サポートは建築費(原価)の1%
  • ①+材料仕入れ含むプロデュースは建築費(原価)の10%
  • ①+②+設計監理は建築費(原価)の20%

設計費(修正3回まで)

床面積(㎡)×5000円(税込)

例:100㎡×5000円=50万円(税込)

 

 

楽しい家研究室、室長 福本和敏(建設業歴46年)

昭和24年11月3日、熊本県上益城郡益城町生まれ。建築設備業界に46年間在籍してあらゆる建物を研究。そして、建物別に楽しいテーマと設備を組入れたことで12棟のマンションは全棟完売。住宅は主婦の人生の悩みも研究して対応間取りと悩み解決への設備等を研究開発。その他、各種店舗から病院ホテル旅館等繁栄への指導。
新聞への執筆は、日日刊流通新聞、週刊住宅、西日本建設新聞、熊本日日新聞、納税通信、フクニチ住宅、帝国データーバンク、商工リサ―チ等に執筆連載。著書も多数あり。日英二か国語の本「なぜ日本人は勤勉器用裕福なの」を、クリントン大統領に贈呈。御礼の手紙が届く。他には、漢志の本ほか、約50冊あり。

(株)メディアインターナショナル 代表取締役、TEL096-367-4562  FAX 096-365-1794

k-fukumoto@media-inter.tv 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net