適正価格と建築業者選び

ある人の体験談!

 

子供の頃から親が貧乏で風呂なしの4畳半のアパートに家族5人

 

で暮らしていて、大きく成ったら広い一戸建ての自分好みの家を

 

建てる事を夢見てました。

 

 

 

大学を卒業して就職して20年間コツコツと預金を貯めて、自己資金

 

4000万円がたまったので、夢のマイホームを注文住宅で建てる事に

 

しました。

 

 

個人的には嘗て売れていたオカマ風の大御所演歌歌手がやっている

 

建築費1000万円で建てられるというCMを見て、余裕で建てられると

 

思って近所のハウジングセンターに行きました。

 

 

そうしたら施主にとっての適正価格だと思っていた金額と、建築業者に

 

とっての適正価格には大幅な開きがあって、業者と施主では適正価格が

 

違う事の現実に驚かされました。

 

 

 

その格安で家を建てられるというCMの会社の名前を伝えると、その会社

 

には家を建てるのに必要な経費であるガスや電気を引くインフラの工事費や、

 

耐震性や快適性を保つオプションが全くついて無くて、後からそういった

 

お金を追加で取られると説明されました。

 

 

それじゃCMで騙しているのと聞いたら、そこは上手く流していてCMの

 

最後に追加費用が掛かりますと小さい字で表示していると説明されました。

 

 

 

この建築会社だけかも知れないと、3件ぐらいの大手の注文住宅建設会社

 

を回ったら殆んど同じ回答だったため、あの格安で一戸建てを建てられると

 

いう話を鵜呑みにした自分が間違っていた事に気付かされました。

 

 

 

さらに大手の一戸建て住宅の建設会社から話を聞いたり、見積りを立てて

 

もらっているうちに、大手の建設会社内でも得意分野や不得意分野がある事

 

を知って見学すれば見学するほどどこに頼んでいいのかを決める事が出来

 

なくなっていきました。

 

 

 

始めは大手が安心だなと思ってましたが、ネットで個人や中小の一戸建ての

 

建築会社を調べて回ると、大手の工事よりカスタマイズの自由度が高く格安

 

で依頼できる会社も見つかりました。

 

 

 

実際に過去に建てた物件を見せてくれたので、安心して任せられ希望通りの

 

物件を納得の予算で建てられました。

 

 

 

佐賀の注文住宅はこちらまで。

家づくりの悩みや困りごとは建築サポートまでどうそ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net