建築サポートの常識外れの家づくり方針

家づくりはいろいろな考え方があっていいと思います。

 

高級な注文住宅を建てたい人もいれば価格が安いローコスト住宅

 

を建てたい人もいます。

 

 

間取りを考えたり建材を選んだりするのが楽しいひともいるし

 

面倒だと考える人もいます。

 

 

最初から全て決まっている企画住宅や建売が良いという人もいます。

 

また家にお金を掛けたくないので中古住宅がいいという人もいます。

 

 

賃貸マンション、アパートがいいという人もいます。

 

 

 

住宅選び、家選びはその人がどう考えるか?

 

どんな家をいくらで建てたいのか?

 

買いたいのか?

 

 

住宅ローンの支払いや家を買った後、建てた後の暮らしがどうなるか?

 

 

十分検討した結果がどれであれ、良いと思います。

 

 

大手ハウスメーカーのブランドで高い家を欲しい人。

 

 

無名の工務店で安く建てたい人。

 

小規模な建築業者でできるだけいい家を建てたい人。

 

家づくりの紹介     クリックで拡大

 

 

 

 

そして建築サポートのような建築のプロと一緒に自分が建てたい家を自分の予算内で適正価格で建てたい人。

 

 

全ての情報を知りたい人。

 

工務店任せにしてもいい人。

 

 

建築業者が考えた家をそのまま買いたい人。

 

 

いろいろな人がいて当たり前ですし、私自身の考えに共感しない人の

 

方が多いはずです(笑)

 

 

一方、施主に言われるままなんでも要望や希望を聞いてくれる工務店も

 

あれば家はこうでなければならないと頑固に自分のコダワリや工務店とし

 

てのコダワリを施主に押し付ける社長や代表。

 

 

 

自分が建てる、自社が建てる家を欲しい人だけ買ってくれればそれでいい。

 

 

施主の意見や希望は聞かない!!

 

そんな工務店もあります。

 

 

 

それはそれでその人がその工務店が信念を持って家づくりをしているの

 

だから何の文句もありません。

 

好きにすればいいと思います。

 

 

 

ただ、私の考え方としては、家づくりの目的はそこに暮す人が家族が

 

幸せに健康に暮らすことが一番だと思っています。

 

そして今の家づくりは、自然素材x高断熱x高耐震xエコxデザインです。

 

なのでできるだけ安く経済的な負担がないくらいの価格でいい家を建てることが

 

大事だし夏は涼しく冬も暖かく、家の中でヒートショックやシックハウスなど

 

が起こらないようにもしなくてはならないし、冷暖房費も極力少なくなるよう

 

にしないといけないと思う。

 

 

家の中全体が寒くない、暑く無いという住宅性能、断熱性能。

 

 

 

窓にも結露が出ない方が掃除もしやすいし、カビやダニも

 

でない健康に暮らせる家をつくる必要があります。

 

冬場の寝室や風呂や脱衣所、トイレもホンワカ暖かいのが良いと思うし

 

床は夏はヒンヤリさらさらした足ざわり、冬はホンワカ暖かいスリッパも不要。

 

そんな自然素材の無垢の床材が良いと思う。

 

 

空気環境も大事なので空気を浄化すると言われる塗り壁も使いたいし

 

家の中の換気は14時間きちんと換気できる商品を使いたいし、

 

少ない電気代でそれでいつもきれいな空気が吸えれば最高に良いですよね。

 

 

 

また、外壁選びも大事です。

 

 

新築して1年、2年で白い外壁が汚れ、カビがついて汚くなる。

 

これは避けたいところ。

 

 

そうなると外壁の耐久性とか汚れやカビが付きにくいものから選ぶことになる。

 

そんな外壁材は価格は普通のサイディングより高い。

 

でもあと後の見た目、メンテナンス費用を考えると使うしかない。

 

 

後は~

 

そうだな。

 

どうせ建てるならデザインも良くしないといけない。

 

いくら高級な住宅で快適な住み心地でもデザイン性が全くなく

 

野暮ったく、カッコ良くない(笑)

 

 

そんな家は私も作りたくないし、住みたいと思いません。

 

 

デザインもある程度、重要だったんです。

 

 

 

 

あ・そうそうシロアリにも注意が必要です。

 

 

2日前に電話ががり床下点検とリフォームの見積を依頼されました。

 

 

シロアリ業者と一緒にそのお宅へ向かうと・・・・

 

イエシロアリでした。

 

 

床下の木材は殆ど食われて空洞状態。

 

フロアーもブカブカで床が落ちそうな状態。

 

一番心配なのが、ヤマトシロアリは床下しか食いませんが、イエシロアリは

 

柱を登って行って梁まで食べてしまいます。

 

梁まで食べられると屋根が落ちます。

 

新築後1年くらいでイエシロアリに喰われ大規模な工事をしたという話も

 

聞きます。

 

本当に怖いイエシロアリです。

 

 

シロアリに喰われないためには床板を乾燥状態に保つことです。

 

そして毎年の床下点検を行う。これに限ります。

 

 

 

いろいろ書きましたが、

 

こんな家が一番いいと思いますが、価格が高くては誰も買えませんし

 

建てることができません。

 

だから私はコスト削減を考えています。

 

どうしたら安く建築できるのか?

 

どうしたら安くてもい家ができるのか?

 

どうしたら施主さんは喜ぶか?

 

どうしたら施主さんの喜ぶ顔を見て私も喜べるか?

 

 

どうしたら、

 

私の今までの40年以上の知識や経験、技術、知恵を活かした家づくりが

 

できるか?

 

 

どうしたら予算内で最高の品質に仕上げられるか?

 

どうしたら、みんなが楽しく喜ぶ家づくりができるか?

 

建築業界の相場より2割から3割安く品質は高く。

これを可能にするための仕組みづくり。

 

 

 

 

そんなことを考えなららの家づくりアドバイスサポートです。

 

家づくりの紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの人からウソだろう!

 

と言われてもそれでいいし、私を信じてくれる人だけ、私の考えに共感して

 

くれる人が一人でも二人でも少しづつ増えてくれればうれしいし、施主さん

 

も私も単純に家づくりが楽しければ、ワクワクできればいいし、自分が思う

 

通りに今後も家づくりをしていきたい。

 

 

私も歳とってきてこれから人生の第2のスタートに立ったと思っています。

 

 

これからは今までより、もっともっと思い切りやりたいようにやります。

 

 

あなたの家づくりが楽しくワクワクできるような家づくりになるように!

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net