工務店の高断熱住宅の施工

今の住宅は高断熱住宅です。

昔はグラウスールという断熱材を無造作に壁の中と天井の上に

載せていましたが、今はそんな施工では夏涼しく冬暖かい

結露も発生しない住宅をつくるのはムリです。

高断熱住宅は夏は涼しく冬は暖かく結露もない

健康に暮すための住宅ですが、施工精度によってその効果は

半減します。

 

断熱材の施工はあくまで隙間が出ないような施工。

これだけです。

 

正しい施工と欠陥住宅の施工↓

温暖地の工務店では通気止めがない施工も多い。

201601041305000020160104163300002016010416300000

隙間がでない現場発泡の断熱材↓

DSC06616

結露を軽減できる樹脂サッシ↓

DSC06609


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。