注文住宅の間取りは慎重に

昨年の夏、日本間取り協会が

「新築当時に戻れるとしたら間取りをやり直しますか?」という調査を行いました。

対象者は、注文住宅の建て主64人です。

その結果、「やり直す」は95.3%。

やり直すと回答した人の住宅の築年数は

 

10年以内・・・・30.5%

 

11~20年・・・30.5%

 

21~30年・・・20.3%

 

31年以上・・・・18.6%

 

と、驚くほど偏りがありません。

 

 

そんな彼らが「やり直したい」と思ったことの

 

第一位は何でしょう?

 

 

 

■第一位

 

 

やり直したい場所の第一位は『駐車場』です。

 

その割合は73.4%。

 

 

ほかの調査や施主の体験談を見ても、

 

『駐車場』に不満や後悔の気持ちを抱いている人は多いようです。

 

 

 

■不満の一例

 

 

・家の広さを優先したので、駐車場が狭くなった

 

・縦列駐車にしたので、車の出し入れが面倒

 

・予算が足りず、カーポートを設置できなかった

 

・玄関まで遠いので、荷物が多い時や雨の日は大変

 

・使い勝手より見た目を優先した

 

・傾斜対策をしなかった

 

・予算対策で砂利にしたら、車の出し入れの度に道路に砂利が落ちる

 

・駐車場を広めにしたところ、車が無い時に視線が気になる

 

 

 

■対策

 

 

駐車場は、広すぎても狭すぎても不便です。

 

並列駐車するなら、風でドアが全開になっても

 

隣りの車にキズを付けずにすむ位のスペースがあれば十分です。

 

 

雨や日差しに悩まされたくないなら、

 

カーポートの予算取りは必須ですね。

 

強風や積雪が気になる地域なら、

 

それらに耐えうるだけの強度があるものを選びましょう。

 

 

また、道路との段差や駐車場の傾斜があれば、

 

その対策も欠かせません。

 

 

家本体の予算取りを考える段階で

 

外構工事の費用を確保するのが理想的ですが、

 

思うようにいかないこともあるでしょう。

 

 

もし駐車場のための予算取りが難しいなら、

 

優先度の高い工事だけ行い、

 

住みながら完成させていく方法も検討したいものです。

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。