住宅展示場まわりもほどほどに

住宅展示場まわりもほどほどに。 

                     

 

「家づくりについての考えがまとまらない間は住宅展示場に行かない方が良い」

 

私は、そう考えています。

 

 

とはいえ、住宅展示場は

 

・廊下の幅

 

・天井の高さ

 

・ドアや開き戸を開閉する感覚

 

・トイレなど掃除のしやすさ

 

・キッチンの作業台や上棚の高さや使い勝手

 

・洗面台の高さや使い勝手

 

・換気システム

 

・浴室暖房

 

など、実物をチェックすることができるというメリットがあります。

 

 

 

ただ、住宅展示場に行くと、アンケート用紙に記入しなければいけません。

 

最低でも、名前と住所と電話番号は書かされます。

 

そのデータをもとに、数日後には営業マンの売り込みが始まります。

 

 

あなたもそれは困りますよね。

 

 

それを防ぎたいなら、アンケート用紙を手渡されたとき

 

「名前や連絡先を書きたくありません」

 

とはっきり伝えましょう。

 

といっても、それを言うのは結構な勇気が必要ですよね。

 

でも大丈夫。

 

 

そんな時の対処法があります。

 

それは、新築予定時期を『5年以上先』と書くことです。

 

 

営業マンは、見込み客に優先順位をつけます。

 

建設予定時期の早い人は、もちろん最優先。

 

5年以上先の人は、当然ながら後回しになります。

 

 

仮に、早い段階であなたにアプローチしてきたとしても

 

「アンケート用紙に書いたように、建設予定はまだまだ先ですから・・・」

 

と、堂々と断ることができます。

 

とても簡単で便利な防衛策です。

 

 

 

だからといって、住宅展示場を数多く訪問することはやめてください。

 

なぜなら、あまりにたくさんの展示場を見てしまうと、家づくりに対する

 

あなたの軸がぶれてしまうからです。

 

そうなっては元も子もありませんから。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。