建築業者選びはダイエット商品選びと似ている?

 

業者選びはダイエット商品選びと似ている? 

 

 

家づくりのことを誰かに相談したいとき、親兄弟、友人、知人など、

 

身近な人に相談したり、インターネットを通じて不特定多数の人に

 

アドバイスを求めることができます。

 

便利な時代ですね。

 

 

 

ただ、これらの方法には、ある落とし穴があります。

 

それは、相手が素人だということです。

 

彼らは、自分の経験を通してある程度の専門知識を身につけているかも

 

しれません。

 

 

しかし、その知識は最新の正しい情報といえるでしょうか。

 

それは難しいですよね。

 

 

彼らは、あなたが暮らしたい土地の気候や地質、あなたが望む暮らし方、

 

あなたの価値観などに合わせてアドバイスしてくれるわけではありません。

 

 

 

ところで、ダイエット商品や化粧品、育毛剤など、悩み解消グッズを探す時、

 

『良く売れている』=『効果が高い』

 

『社名も商品名も知名度が低い』=『効果が低い』

 

と考えたことはありませんか?

 

 

 

しかし、使う人の生活習慣、食習慣、運動習慣などによって、その効果は

 

大きく異なるものです。

 

・自分に合うものは自分にしか見つけられない

 

・そのためには自分のことを良く知らなければならない

 

という点は、業者選びと似ていますね。

 

 

 

そういえばある人が学生だった頃、喘息に悩む友人が

 

「大人になっても絶対に家を建てない。新建材の家は呼吸が苦しく

 

なってつらいから」

 

と、常々話していたとか。

 

 

 

 

 

その人は「新建材なら安くて広い家ができるだろうに」

 

と、友人の考えを理解できなかったそうです。

 

 

 

それは、シックハウスについての知識がゼロだったから。

 

新建材のリスクを、何一つ知らなかったからです。

 

 

 

今、もし友人に同じことを言われたら、その人は誰よりも激しく

 

共感することでしょう。

 

 

ただし、熱く語り続けて少々ウンザリされるかもしれませんが…。^^;

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net