家づくりは湿気との戦いです。注文住宅、分譲住宅もそれは同じです。

構造・工法はいろいろあるけれど。

 

構造・工法はいろいろあるけれど、日本の家は湿気

 

との戦いであることは家づくりの専門家でなくても

 

お分かりだと思います。

 

 

 

湿気は壁の中に入りこんで、腐朽菌を増殖させ、

 

土台や柱が腐り家の寿命を短くします。

 

透湿性のない材料を使い通気層のない建物で、室内外からの

 

湿気の侵入は壁の中に湿気が滞留し温度変化と共に結露が

 

発生しやすくなります。

 

 

木材そのもの耐久性や壁の中に入っている断熱材の性能を

 

著しく低下させることになります。

 

 

この、問題を解決する為には、透湿性の高い材料を使い

 

通気層を設けることが必須となります。

 

 

湿気は建物にいろいろな悪影響を与えます。

 

木材を腐らせ部屋の中にはカビ、ダニの温床となり、

 

断熱材が湿気を含みズレ落ち断熱材の効果を低下させます。

 

 

湿気の性質としては、湿気は大気中にいつでも浮遊し温度によって

 

その量は変化します。そして湿気量の高いところから

 

低いところへ移動します。

 

 

ファンヒーター等で部屋を暖房し温度を上げると湿気量も増えてきます。

 

その結果温度の低い窓ガラスの方へ湿気が移動し

 

窓ガラスに結露がつくんですね。

 

 

この湿気や結露の問題は今の現代住宅に致命的な悪影響を与えますが、

 

キチンと対策をすれば、意外と簡単に解決する問題でもあるんです。

 

 

ただ、この問題をあまり重要に考えていない建築家や業者が非常に多い。

 

 

解決の基本は湿気の性質を知り、室内外に透湿性が高い材料を使用する。

 

これに尽きますね。

 

湿気を私たちは嫌っていますが、湿気もまた自然です。

 

自然に湿気が抜けるような素材を使うことが大事ですね。

 

 

 

 

 

湿気は風や光などと同じで自然の一部です。

 

その湿気を家の中や壁の中に閉じ込めてしまったら、厄介ですが、

 

その湿気に対して私たちも自然な素材を使って上手に付き合って

 

いけたら適度な湿気もまたありがたいものです。

 

 

 

 

昔は、私自身、湿気に対して無知でもあったし、

 

大手のハウスメーカーや地域の工務店の下請けで仕事をしていたときも

 

なんの湿気対策もなかったのですから当然と言えば当然なのですが、

 

 

自分で会社を作り自分流の家を建てて、夏涼しく冬暖かい快適な家を

 

追求すればするほどこの湿気が大きく邪魔してきました。

 

 

快適な家を求めなければ湿気もそれほど邪魔にはならないのです。

 

ただ、今はこの湿気と快適な家を両立させる家が出来てきました。

 

 

ある大事なことに気がついたのです。

 

 

それは湿気もまた風や光と同じ自然な現象だと。

 

自然な湿気に対抗するには、化学(科学)ではダメだったんです。

 

自然な湿気に対して家も自然な素材で作れば

 

家そのものも自然の一部です。

 

ここに湿気に対する解決のカギがあったのです。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net