家づくりでは建築費が一番大事?

家づくりでは建築費が一番大事?

 

 

もちろん基本品質は下限を切らない事が重要です。

 

安さを求め過ぎて材料や住宅性能を下げる。

 

これは本末転倒です。

 

 

世の中にはいろいろな住宅や工法があり

 

それを工務店やハウスメーカーがいろんな方法で

 

PRしてお客を取り込もうとしています。

 

 

建て主が安い家に興味があるのも分かりますが、

 

その安さが何から来ているのかを、分からなければ

 

なりません。

 

家の安さをPRしている家の実態はどのようなもんでしょうか?

 

 

何のことありません。

 

単に安い材料を使っているにすぎません。

 

単に規格住宅だったりします。

 

 

 

家の重要な性能とは?

 

大きくは

 

1・耐震、耐風性能(安全)

 

2・省エネ性能(断熱)

 

3・長期耐久(60年~100年)

 

この3つです。

 

この基本性能を考えずにコストを下げることを

 

 

重視すれば、どうなるか分かりますよね。

 

 

パソコンに例えれば、見た目上は高価に見えるパソコンですが

 

CPU(パソコンの頭脳)が一昔前の性能しかないとすれば

 

使えない、ただの箱になります。

 

 

ちょっとわかりにくい?

 

 

要するに、中身のCPUのスペックが良くないと

 

いくら安くても使えないということです。

 

 

家の話に戻すと

 

いくら見た目上、ビニールクロスできれいに仕上がっていても

 

 

1・耐震、耐風性能

 

2・省エネ性能(断熱)

 

3・長期耐久(60年~100年)

 

が悪けりゃ何にもならないということです。

 

ムダなコストは削減しなければなりませんが

 

必要なコストはかけなければなりません。

 

 

しかし、中身のない一部の家や工務店・設計士は

 

安さだけを求め中身がありません。

 

 

予算が足らなければ、予算内で納まるような

 

大きさの家にするだけです。

 

コンパクトでも大事な性能が高い家を

 

建てた方が広くても性能が低い家より

 

断然いいとおもうのですが・・・

 

 

 

 

必要なコストとムダなコストを分けて考えることが

 

重要ですが、そのムダと必要なコストの判断は

 

素人では難しいかもしれません。

 

 

そのことを、工務店やハウスメーカーが

 

丁寧に分かりやすく説明してくれればいいのですが

 

安さばかりをPRするところが少なくありません。

 

 

 

安くて良い住宅を誰もが建てたいのは分かりますが、

 

必要以上にコストを削るのは、いかがなもんでしょうか。

 

 

 

契約後の施主さんから安さを必要以上に求められ、結局、

 

建築サポート、工務店、建材店の適正な利益を仕方なく大きく削った時も

 

ありました。

 

これは私の心の弱さです。

 

しっかりできない事はできない。

 

そういう事が必要なんでしょう。

 

施主さんには責任ありません。

 

あくまで頼まれたら無下に断れない私の性格のためです。

 

 

 

 

ただ、

 

 

ある程度ちゃんとした性能をもった家を建てるには

 

ある程度のお金もかかるものです。

 

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。