新築後の生活設計、もう立てましたか? 

生活設計、もう立てましたか? 

 

新築の目的は、

 

家族がより幸せに暮らすことでしたよね。

 

そのためには、安全予算を厳守しなければなりません。

 

安全予算を算出するには、

 

 

現在の家計を把握するだけでは不十分です。

 

20年後、30年後の家計まで予想しなければなりません。

 

 

その時に欠かせないのが、生活設計を立てることです。

 

生活設計を立てると、それぞれの段階でやるべきこと、

 

やってはいけないことが明確になります。

 

 

ここに、興味深いデータがあります。

 

生命保険文化センターが、

 

具体的な生活設計を立てている人の割合を調べたものです。

 

 

  • 年齢別

 

20歳代・・・26.4%

 

30歳代・・・37.9%

 

40歳代・・・39.8%

 

50歳代・・・42.2%

 

60歳代・・・43.3%

 

 

  • 世帯収入別

 

・300~500万円未満・・・・39.6%

 

・500~700万円未満・・・・46.4%

 

・700~1,000万円未満・・55.7%

 

・1,000万円以上 ・・・・・60.1%

 

 

  • 住居種類別

 

・持家・ローンあり・・・42.3%

 

・持家・ローンなし・・・45.3%

 

・持家・夫婦以外名義・・25.4%

 

・賃貸住宅 ・・・・・・32.4%

 

・社宅  ・・・・・・・・50.0%

 

 

ちなみに、生活設計を立てない人は、

 

・将来の見通しを立て難いから

 

・経済的な余裕がないから

 

などを理由として挙げています。

 

 

 

 

『将来の見通しを立て難い』

 

ということは、

 

「住宅ローンを無事に返済できるかわからない」

 

ということですよね。

 

 

『経済的な余裕が無い』

 

ということは

 

「住宅ローンを組んだら、

 

 今以上に生活が苦しくなる恐れがある」

 

ということですよね。

 

 

生活設計を立てないで新築した結果、

 

生活が苦しくなり、

 

破産や離婚に至るケースは少なくありません。

 

 

 

将来までの生活設計をし、一年ごとの収支を予想できれば

 

安全な予算がわかります。

 

 

予算次第では、新築より中古や賃貸の方が

 

家族が幸せに暮らせるかもしれません。

 

家づくりを始める前に、

 

まずはその見極めをしておきたいものです。

 

 

 

「生活予算を組んでいる人の割合が増えているといいなあ」

 

と願っていますが…どうなるでしょうね。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。