新築後の生活設計、もう立てましたか? 

生活設計、もう立てましたか? 

 

新築の目的は、

 

家族がより幸せに暮らすことでしたよね。

 

そのためには、安全予算を厳守しなければなりません。

 

安全予算を算出するには、

 

 

現在の家計を把握するだけでは不十分です。

 

20年後、30年後の家計まで予想しなければなりません。

 

 

その時に欠かせないのが、生活設計を立てることです。

 

生活設計を立てると、それぞれの段階でやるべきこと、

 

やってはいけないことが明確になります。

 

 

ここに、興味深いデータがあります。

 

生命保険文化センターが、

 

具体的な生活設計を立てている人の割合を調べたものです。

 

 

  • 年齢別

 

20歳代・・・26.4%

 

30歳代・・・37.9%

 

40歳代・・・39.8%

 

50歳代・・・42.2%

 

60歳代・・・43.3%

 

 

  • 世帯収入別

 

・300~500万円未満・・・・39.6%

 

・500~700万円未満・・・・46.4%

 

・700~1,000万円未満・・55.7%

 

・1,000万円以上 ・・・・・60.1%

 

 

  • 住居種類別

 

・持家・ローンあり・・・42.3%

 

・持家・ローンなし・・・45.3%

 

・持家・夫婦以外名義・・25.4%

 

・賃貸住宅 ・・・・・・32.4%

 

・社宅  ・・・・・・・・50.0%

 

 

ちなみに、生活設計を立てない人は、

 

・将来の見通しを立て難いから

 

・経済的な余裕がないから

 

などを理由として挙げています。

 

 

 

 

『将来の見通しを立て難い』

 

ということは、

 

「住宅ローンを無事に返済できるかわからない」

 

ということですよね。

 

 

『経済的な余裕が無い』

 

ということは

 

「住宅ローンを組んだら、

 

 今以上に生活が苦しくなる恐れがある」

 

ということですよね。

 

 

生活設計を立てないで新築した結果、

 

生活が苦しくなり、

 

破産や離婚に至るケースは少なくありません。

 

 

 

将来までの生活設計をし、一年ごとの収支を予想できれば

 

安全な予算がわかります。

 

 

予算次第では、新築より中古や賃貸の方が

 

家族が幸せに暮らせるかもしれません。

 

家づくりを始める前に、

 

まずはその見極めをしておきたいものです。

 

 

 

「生活予算を組んでいる人の割合が増えているといいなあ」

 

と願っていますが…どうなるでしょうね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net