新築の決断できますか?

不景気で家計が厳しいから、新築する決断ができない・・・。

 

そう思ったことはありませんか?

 

 

新築したら多額の住宅ローンを長期に渡って支払うの

 

ですから、その不安は当然です。

 

それに、賃貸住宅のように安易に転居することもでき

 

なくなります。

 

そんなことを考えると、むしろ何の不安も感じずに安易

 

に決断できる方が不思議です。

 

 

では、新築を実行した方々は、なぜ決断できたのでしょう。

 

それは、新築することでしか得られないメリットを知って

 

いたからです。

 

 

新築する一番のメリットは、家族の暮ら

 

し方に合った住まいで暮らせることです。

 

これは、賃貸住宅にはない圧倒的なメリットです。

 

 

新築した方の声を聞くと、

 

・好きなペットを好きな部屋で飼える

 

・防音室を用意したので、好きな時間にピアノなどを楽しめる

 

・わざわざ公園に行かなくても、庭で子供と楽しく遊べる

 

・広めに作ったキッチンで、休日はそば打ちしてリフレッシュ

 

など、暮らしに合わせた家でしか得られない楽しい生活を満喫し

 

ている様子がうかがえます。

 

 

また、家族の成長とともにリフォームをして、より暮らしやすい

 

状態にすることもできます。

 

必要に応じて、資産として売買や賃貸することもできます。

 

 

家賃と住宅ローンだけを比べて賃貸か持ち家かを選ぶ考え方も

 

ありますが、より安心で幸せに暮らせるという観点で選ぶと、

 

持ち家はとても魅力的です。

 

 

消費税引き上げ後ならではの支援策としてすまい給付金や

 

住宅ローン減税の拡充などがあります。

 

 

 

そのほか、政府が用意している補助金はいろいろあります。

 

それだけでなく、人口の流出を防ぐため、独自の補助金を

 

用意している自治体もあります。

 

 

 

あなたが気になっている業者に相談すると、そういった情報

 

をいろいろ提供してくれることでしょう。

 

 

 

何が不安なのかをはっきりさせると、その解決策を探せます。

 

解決策を探すには、専門知識を持った業者に相談するのが一番です。

 

ちなみに、私もメール相談を24時間受け付けています。

 

困ったときは、気軽にご連絡くださいね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net