家づくり、さ~次は契約だ!

家づくりで失敗や後悔しないためには我が家は価格がいくらでどのよ

 

うな材料を使い家が完成するのか?

 

 

ここを建築業者と共有しないといけません。

 

 

間取りや外観などの設計図も出来上がった。

 

これで契約だ~

 

 

チョット待ってください。

 

図面の中身は分かっていますか?

 

最終的な建築費用は分かっていますか?

 

 

 

 

 

家は姿形がない段階で依頼先を決め契約しなければなりません。

 

例えば、目で見て確認することができる車などの商品なら、この商品

 

が本体価格100万円とこれだけで十分です。

 

買う前に目で確認出来ますからね。

 

 

車本体の価格の内訳や明細が欲しいという人はいないでしょう。

 

 

 

エンジンがいくら、ハンドルがいくら、座席シートがいくらと明細を

 

作る必要もメリットはありません。

 

目で見てあるいは試乗して性能や価値を確認できるからです。

 

材料が何でいくらなのかは関係ないことなのです。

 

 

自分がその車がほしいのか、その価格を出せるのかそのくらいです。

 

しかし家の場合は完成するまで、目で見ることができません。

 

そして、実際に住んで見なければ、性能や住み心地の良し悪しも分か

 

らないのです。

 

 

 

建てる前に目で見ることもそこで生活して住み心地を確認することも

 

できなのです。

 

 

だから、どこの住宅会社も見積を当然のように出すのです。

 

ハウスメーカーの場合はモデルハウスを見ます。

 

なので見積は車と同じで明細は無く建物本建1式です。

 

建物が見れるからです。

 

 

小さな工務店の場合はモデルハウスが無いから見積もりでその家の

 

内容を説明します。

 

 

だから小さな工務店の見積もりは明細や内訳があるんです。

 

要はどのような家でいくらなのか?

 

という事をモデルハウスで示しているか見積もりで示しているかです。

 

 

モデルハウスが無いところは見積だけでその家の価格が適正なのかを

 

判断しなければならないのです。

 

 

ただ、モデルハウスを見ただけでは分からないこともあります。

 

 

それが断熱性能や耐震性能です。

 

家づくりで大事な住宅性能がどの程度のレベルなのか?

 

結露は出ないのか?

 

 

大きな地震に対してどのような強度があるのか?

 

長持ちする構造材を使っているのか?

 

壁は透湿性のないビニールクロスなのか?

 

蓄熱性がある塗り壁なのか?床板は合板なのか?

 

無垢の木なのか?サッシはアルミなのか樹脂なのか?

 

 

暖房機は何を使うのか?

 

エアコンで家中、涼しくなるのか?まだまだ、たくさんあるこれらの

 

事を見積と住宅に詳しくない営業マンの説明だけで判断しなければな

 

らないのです。

 

 

建て主と住宅会社のトラブルの原因は全て、価格や仕様の不透明さが

 

原因なのです。

 

 

 

建て主が考えていた材料と違う材料が使われていた。

 

建て主が思っていた住み心地と違っていた。

 

こういう事なんです。

 

 

家は最も高額な買い物です。

 

価格や仕様が不透明なままで、良い家づくりは出来るはずがないと思

 

います。

 

 

そして、勘違いや無用なトラブルを避けるために、建築会社は価格の

 

透明性を重視した見積もりを出す必要があります。

 

 

カンタンに言うとあなたの家はこのような材料や資材を使っていくら

 

になりますよ。

 

 

という事をキチンをあなたに伝え、あなたもそれを見て理解すること

 

です。

 

 

 

 

 

ただ、価格と仕様を判断する見積もりも人の手によって作られてい

 

ます。

 

見積の数量等が違う場合や見落としている項目がある場合もあります。

 

 

ま~人間が見積をつくる以上多少の誤差はあります。

 

その誤差な大体実際の費用の±3%くらいになると普通は言われます。

 

 

私個人としては建物本体の見積より仕様書と全体の資金計画が見積も

 

り以上に大事だと思っています。

 

 

 

この家づくりの全体の費用がいくらで、どのような材料を使ってどの

 

ような性能の家なのか?

 

ここをきちんと明確にしておかないとあと後こんな家ではなかったと

 

なるのです。

 

 

気を付けてください。

 

 

 

もしかしてどのような仕様でどのような材料を使い最終的な費用が

 

いくらかかるという事を分からないまま契約はしていないですよね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net