家づくり心配しすぎるな!

家づくりは一生1回の施主のイベントです。

 

その1回しか経験しない家づくりは出来るなら

 

楽しみたいものです。

 

 

それが楽しめないようになるのは

 

心配しすぎることです。過度に不安がることです。

 

 

これでいいのだろうか?

 

ちゃんとやってくれているのだろうか?

 

騙されているのでは?

 

予算オーバーしないだろうか?

 

欠陥住宅にならないだろうか?

 

 

などなど心配される気持ちはわかります。

 

初めてのことで不安や心配、悩みいろいろあると思います。

 

私も新しいものを取り入れるとき本当に大丈夫だろうか?

 

施主さんに迷惑が掛からないだろうか?

 

期待を裏切らないだろうかと不安や心配で眠れない時もあります。

 

 

ですが、家づくりはそんなことの集まりなので

 

それを全部施主や私が気にしだしたら楽しむどころか

 

ストレスが溜まり苦痛にさえなります。

 

気にすることより楽しむことの方が大切な時もあります。

 

 

 

それがお互い相手を信頼できるまで契約しないでくださいという理由です。

 

信頼できる相手なら少々のことがあっても安心して任せられますからね。

 

 

もちろん私も完璧ではないので失敗も問題も

 

起こすこともあるかも知れません。

 

 

でも

 

家の品質や予算、構造耐力不足や断熱欠損などの大きな問題以外の

 

細かいことは気にせんでください。

 

大丈夫ですから(笑)

 

 

ある程度、テキトーに考えるもの良いかも知れません。

 

 

 

私をはじめ設計事務所も45年以上の経験、実績がある

 

ベテランです。

 

 

何があっても大丈夫です。

 

ま~工務店、大工はベテランもいますがまだ若い大工もいて元気ですよ。

 

 

また施主から疑いの目で見られたり、文句ばかり言われるようになって

 

しまったら私も工務店も設計事務所もモチベーションが下がります。

 

 

 

 

私たちが考える家づくり方針は

 

「施主、設計者、施工者は対等で上下関係はない。

 

それぞれが最高の仕事をしお互いが協力して

 

いい家にしていく」というものです。

 

 

なかなかいい家づくり方針でしょ(笑)

 

 

 

 

一生に1回だけの家づくりできるだけ楽しみたいものですね。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。