住宅展示場は売り込むため?

家づくりの下準備が不十分な段階で住宅展示場に行くと、

 

新居に住み始めてから後悔する可能性が高くなります。

 

 

 

 

『展示』の意味は

 

『商品や作品を数多く並べて一般に見せること』です。

 

住宅展示場は、複数の業者が

 

家づくりを検討する人々に自社の商品を売り込むための場所です。

 

 

業者にとって、そこは厳しい戦場。

 

当然、他社に劣る商品を展示することはできません。

 

あなたを誘惑するため、

 

家具や調度品で洒落た空間を演出するなど、

 

創意工夫を重ねています。

 

 

それを知ってしまうと、

 

住宅展示場に行くのが怖くなりますね。

 

しかし、大きなメリットもあるんです。

 

 

それは、最新の家づくりの情報を得られることです。

 

実際に標準的に使用している建材や床材を見るのは

 

◎です。

 

最新の設備や工法、最新の税制や助成金などの情報…。

 

それらを無料で提供してくれます。

 

 

また、営業マン達の営業スタイルも比較できます。

 

これらは、行かなければ知り得ない情報です。

 

 

あなたが十分な下準備ができたと思ったら、

 

まずはチェック項目を決めましょう。

 

 

何を比較したいのか、目的を明確にするんです。

 

そして、知り得た情報は、

 

その都度細かく記録してください。

 

 

奥行や幅などが気になったら

 

すぐにメジャーで調べてください。

 

気になる設備や間取りなどは、許可を得てから

 

デジカメやスマホでこまめに撮影しましょう。

 

 

その際、注意したいことが2つあります。

 

一つ目は、1日当たり3社程度に抑えること。

 

数が多いと、情報がゴチャゴチャになってしまいます。

 

 

二つ目は、複数回訪れること。

 

初めて訪れる場所は、とても魅力的に見えます。

 

しかし、訪問回数を重ねると、

 

前回見えなかったところが見えています。

 

 

緊張がほぐれて、気軽に質問できるようになります。

 

もちろん、見る価値が無いと判断した場合は

 

除外して構いません。

 

 

厚化粧の下の素顔を見抜いて、

 

あなたの家づくりに役立てたいですね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net