ダウンライトで火災!

最近、照明にダウンライトを使用される施主さんが多くなりましたが

 

火災に注意が必要です。

 

 

価格もお手頃で見た目もスッキリという事でこれからも使う人が

 

多いと思いますが、火災の原因にもなっていますので、ダウンライト

 

を希望される人はよく読んでください。

 

 

 

 

   ダウンライトによる火災を防ぐ 

 

 

  ■火災の発生状況

 

 

  押し入れや納戸、室内や洗面所などに設置されたダウンライト。

 

  そのすぐ下まで

 

  布団や衣類、ダンボール等の収納物を積み重ねて置いた状態で

 

  ダウンライトを消し忘れたり、

 

  スイッチが入ったことに気づかなかったために

 

  ダウンライトの熱で着火して火災が発生しています。

 

 

  ダウンライトの火災は、

 

  平成23~27年までに47件発生。

 

  そのうち、直下に置かれた布団や衣類などが

 

  ライトの熱により火災となった事案は26件です。

 

 

  昨年は、1~9月迄の9か月だけで

 

  同様の火災が10件発生しています。

 

 

 

  ■火災を防ぐために

 

 

  ・室内や物置、納戸、洗濯機置場等の収納スペース内の

 

   ダウンライトの設置箇所をよく確認する

 

 

  ・ダウンライトを使用する際は、

 

   メーカーの説明書やホームページに記載されている

 

   安全上の注意事項をよく確認し、

 

   ダウンライトから収納物まで適正な距離を取る

 

 

  ・室内や収納スペースを出入りする際は、

 

   照明器具の点灯状況をよく確認する

 

 

  ・ダウンライトのスイッチの押し間違えや、

 

   体や物にスイッチが接触することによる誤点灯に注意する

 

 

 

  ■注意点

 

 

  ダウンライトの種類によって、

 

  電気工事士の有資格者しか交換できない場合があります。

 

  交換時期の目安は8~10年程度ですが、

 

  半年に1回程度の清掃(無資格者でも可)と、

 

  有資格者による3~5年程度に1回の点検が必要です。

 

 

  LEDは火災が起きにくいという人もいますが

 

  そうとは言い切れません。

 

  というのも、LED照明による火災は

 

  平成25~27年の2年間で24件発生しているからです。

 

  (東京消防庁の調べ)

 

 

  掃除しやすく、見た目が素敵なダウンライト。

 

  正しく設置し、安全に使いたいですね。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net