耐震にもコダワリがあるな~

耐震性が優れた住宅は地震によるダメージを受けにくい半面、

 

揺れの影響が室内に伝わりやすいので、家具の配置や固定など、

 

安全面の配慮が欠かせないんでしたよね。

 

 

もしかしたら、

 

それがあなたの『家づくりに対するこだわり』を

 

邪魔してしまうかもしれません。

 

それなら、『免震』という方法があります。

 

 

 

免震とは、地盤と建物を免震装置によって切り離し、

 

地震の揺れを建物に直接伝えない方法です。

 

在来構造と比べると、

 

地震による建物にかかる水平力を、

 

5分の1から3分の1にまで低減することができます。

 

 

一方、免震住宅には、

 

・台風などの強風の際、2階以上の上階が揺れることがある

 

・設置費用が高額である(数百万円)

 

・地下室を設置できない

 

・ビルトインガレージを設置できない

 

・軟弱地盤や液状化のおそれがある地盤には設置できない

 

・木造3階建て、建物高さ13m以下、軒下9m以下に限られる

 

といった弱点もあります。

 

 

免震より費用を抑えて室内の安全性をある程度高める方法があります。

 

それは『制震』です。

 

家具の揺れはありますが、転倒防止金具を利用することで、

 

耐震住宅より被害を減らすことができます。

 

 

 

いずれにしても、

 

まずは安全な土地を厳選することが大前提です。

 

そして、予算の中で創意工夫して

 

こだわりや安全性を追求しましょう。

 

 

以前もお話ししましたが、一つの性能を追求し過ぎると、

 

ほかの性能が劣ったり、暮らしにくくなる場合があります。

 

そこは気を付けたいですね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。