省エネ住宅が法律で決まります

後3年になりました。

 

何が?

 

省エネ住宅が法律で決まります。

 

 

2020年からはある程度の断熱、省エネ性能を持った

 

省エネ住宅しか建てられなくなります。

 

 

省エネ断熱性能が今より上がるという事は

 

施主さんにとっては良いことです。

 

住宅の性能が上がり、省エネになり夏涼しく冬暖かく

 

健康的に暮らせる家が出来るという事ですから施主さんにとっては

 

良いことです。

 

 

ただ、住宅性能、断熱性能が上がるという事は、材料や施工手間も

 

上がります。

 

そうなんですね。

 

 

建築費や価格が上がるという事です。

 

何処の建築会社もできるだけ価格は据え置きで家づくりをしたいのは

 

当たり前でできるだけ値上げしないで良いように考えているかも知れ

 

ません。

 

 

しかし、当然として材料費や施工費が上がるわけで、建築費や価格を

 

据え置きという事は建築会社の利益を削るしか値上げを防ぐ方法はあ

 

りません。

 

 

建築会社の利益を削ってまで建築費や価格を据え置く建築会社は少ないと

 

思うので、やはり2020年より建築費や価格は上がります。

 

 

そういう事でこれからは東京オリンピック関連の工事も本格化してきます

 

ので資材や人件費が上がっていくことが予想されます。

 

なかなか、施主さんんも建築業者も大変な時代になってきたと思います。

 

 

話が反れましたが、省エネ住宅の死角を知っていますか?

 

 

特に温暖地の建築会社が行っていない気流止めです。

 

気流止めがきちんと施工されていないと、断熱性能が下がります。

 

気流止めとは、床下から間仕切りの空洞に冷気が流れ込むのを防ぐ

 

工事です。

 

 

気流止めがきちんと施工されていない場合、室内で温められた熱が

 

小屋裏などに逃げて行き室内がいつまでも温まらない、電気代が

 

省エネ住宅にも関わらず異常に高い。

 

こんなことが起こります。

 

高断熱の省エネ住宅の基本はまずは気流止めです。

 

 

壁や床からの漏気が多いとスカスカの高断熱省エネ住宅になります

 

ので注意が必要です。

 

 

お粗末な漏気対策が断熱性や省エネルギーと快適性の低下を招く!!

 

 

 

 

大きな声では言えませんが(笑)

 

温暖地の建築業者はこの気流止めをやっていないところが多いですよ。

 

このような気流止めの施工を知らない勉強不足の建築業者も多いですね~

 

まあ、今の建築業者は施工が専門なので省エネの勉強はできていません。

 

 

ムリもないですが・・

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net