建築条件付土地の解除

■契約の解除

 

 

  買主の自己都合で新築建売住宅の契約を解除したい時、

 

  売主が契約の履行に着手していない段階なら

 

  買主は手付金を放棄するだけでOKです。

 

  違約金は発生しません。

 

 

  しかし、建築条件付き土地の場合は、

 

  手付金の放棄に加え、

 

  建築請負契約に対する違約金などを請求されることがあります。

 

 

 

  ■フリープランなのに自由に設計できない?

 

 

  建築条件として施工業者が指定されているなら、

 

  その業者が施工できる住宅しか建てられません。

 

  材料、設備、工法など、ある程度の制限があります。

 

 

  中には、業者が提示したモデルプランの範囲内でしか

 

  選択できないケースもあるとか。

 

  これではフリープランといえませんよね。

 

 

 

  ■契約書に押印する前にチェックすべきこと

 

 

  ・『建築条件付き』と記載されているか

 

  ・住宅の建築請負契約が成立しない場合、

 

   土地の売買契約を白紙撤回できるか

 

  ・住宅のプランを練るために、建築請負契約を締結するまで

 

   十分な期間が設定されているか

 

 

  今回、大阪府住宅まちづくり部が作成した注意喚起を

 

  抜粋してお届けしました。

 

  あなたが建築を予定している地方の

 

  自治体ホームページもチェックしてみてください。

 

  もしかしたら、違法広告で処分された業者名や事例が

 

  記載されているかもしれませんよ。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net