過剰な値引きや値下げは家の品質低下を招く

◆家の値下げは可能か?

 

高額な買い物である家ですが、良い品質のまま価格を抑えたいというのは

 

誰しも思うことではないでしょうか。

 

 

普段買い物をするときは出来るだけ価格が安くなっているものや、値引き

 

交渉を行う方も多くいます。

 

 

余計な出費を抑えることが賢い買い物方法でもあります。

 

 

しかし家を建てる場合も価格を抑え値引き交渉するのが賢いやり方

 

なのでしょうか。

 

 

高額な買い物というと車や電気製品がありますが、多くの場合値引き交渉

 

である程度の値下げをしてくれる場合があります。

 

 

 

値下げがなくともオプションを付けてくれたりしてくれるところもあります。

 

だから家も値下げ交渉すれば値下げをしてくれるかもしれない、何かおまけし

 

てくれるかもしれないと考えるかもしれませんが、家で値下げしてくれる

 

ところは気を付けたほうがよいかもしれません。

 

 

 

確かに大手ハウスメーカーの一部はある程度の値引き交渉やオプションを

 

付けてくれることがあります。

 

 

それは最初から価格に大きな利益を含んでいるからできることなのです。

 

交渉により値引きできたとしても、それは最初から値引き代が含まれて

 

いるからこその値引きなのです。

 

お客さんにとって特別に特になる値引きではありません。

 

 

 

 

では工務店はどうでしょうか。

 

値引き交渉すると値引きしてくれるところもありますが、それは

 

何かを削ることでできる値引きです。

 

利益を多く取っている工務店は利益ができますが、利益がギリギリで

 

多くを取っていない工務店は多くの値引きはできません。

 

 

 

多くの人は家は高額で利益もきっと大きいだろうと値引きも簡単だろう

 

と考えるかもしれませんが、お客さんの立場でしっかりした家づくりを行っ

 

ている工務店は利益はギリギリで工事を行っています。

 

(建築サポートも利益もギリギリのギリです。笑)

 

 

ですから簡単には値引きしてくれません。

 

 

むしろ値引きができるとなると、どこか品質を落としたり、工事にかかる

 

職人の質を落としたりすることになります。

 

 

それがどういうことになるかというと、家の安全性が落ちたり耐久性が落ちたり

 

することにつながります。

 

数年住むだけの家であればそうした品質でもよいかもしれません。

 

ですがそんな人は滅多にいません。

 

長く居心地の良い家に住みたいと誰もが思うことです。

 

 

極端に値引きしてくれるところは注意したほうが良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

出来るだけ安くしたいと値引きを考えている方も多いかと思います。

 

出来るだけ安く建てることも大事です。

 

ムダな利益や経費を省くことはいいことです。

 

 

良心的な工務店としては利益まで過剰に値引かれるとやる気そのものが無くなり

 

結果として気持ちのいい仕事はできません。

 

それがあなたの家にどう影響するかは分かるはずです。

 

 

 

そして、過剰な値引き要求が欠陥住宅になるという事もお忘れなく。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net