営業マンに家を勧められるままカンタンに建てていませんか?

あなたは、

 

「予算オーバーだけど、分割払いの回数を増やせば何とかなる」

 

といった買い物をしたことがありますか?

 

 

飛びぬけて高額なら慎重に検討するのでしょうが、

 

ほどほどに高額だったばかりに、逆に無理をしてしまう・・・。

 

若いころ、そんな失敗をした人は多いかもしれませんね。

 

 

そんな若き日の苦い思い出を振り返りつつ、

 

今日は、「計画を十分に練る」ことについて考えてみましょう。

 

 

家を建てるということは、人生最大の事業です。

 

決して一時の勢いで建てて良いものではありません。

 

 

しかし多くの人たちは、あっという間に建ててしまいます。

 

もしかすると、数十年住み続けることの意味が

 

理解できていないのかもしれません。

 

 

新築計画は、

 

短期、中期、長期で、物事を考えてください。

 

このとき、何より大切なのは、

 

『家を建てる事が目的にならないようにすること』

 

『家族が毎日の生活を楽しめる家をつくること』

 

です。

 

 

  • 短期的な事。

 

資金計画、土地調査、業者、建築スケジュール、プラン、デザイン、

 

設備、建材、工法、構造、照明、空調、法律、税金、保険などです。

 

 

  • 中期的な事。

 

メンテナンス、修理、リフォームです。

 

メンテナンスフリーの家はありません。

 

手入れをしながら住まなければいけません。

 

 

  • 長期的な事。

 

建替え、相続についてです。

 

家が劣化した時に建替えるのか、住み続けるのか。

 

あるいは相続させずに売却するのかなどを考えておかなければいけません。

 

 

繰り返しますが、最も大切なことは、

 

『家族が毎日の生活を楽しめる家をつくること』

 

を目的にすることです。

 

 

家を建てるには、実にさまざまなことを決定しなければなりません。

 

迷うことも多いものです。

 

そんな時、『幸せな生活ができるかどうか』を判断基準にしておくと、

 

大きな失敗をすることはありません。

 

 

これはとても大切なことなので、

 

決して忘れないようにしてくださいね。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net