頑丈な寝室で地震から身を守る

sougou05022

 

 

 

 

 

安心の寝室をプランしてみました。

寝ているときは無防備ですよね。

そんな時に地震がきたら・・・

家が潰れて木材の下敷きになり最悪の結果に。

 

そうならないために、寝室を頑丈にしました。

通常、木造住宅の柱は1820mm間隔で建っていますが、この安心寝室は

910mm間隔で柱が建っていて通常の2倍の柱を使用しています。

シェルターのような部屋が家の中に一つでもあれば最悪の事態を少しは回避できるのではないでしょうか。

関東では今後数十年の内に大地震が起きる可能性がかなり高いそうです。

自分や家族の安全のためにもできることはやっておきたいものですね。

 

気になる家づくりの情報をメルマガで配信しています。読みたい方はこちらに登録してください。

http://www.kenchiku-support.jp/mail_magazine.html


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。