私が売っているものは何?家?それとも・・・

時々思うことがあります。

私は○○屋なんだろう?

家の工事をする建築屋?図面を書く設計屋?

それとも建築資材を揃える建材屋?

 

私の本業は家づくりを手伝うというものです。

工務店や建築会社のように現場で工事をするわけでもありませんし

設計事務所のように建築確認申請を出したり、綺麗な設計図面を

書くわけでもありません。

 

私の仕事はあくまで施主さん目線での家づくり支援、建築サポートです。

家づくりをサポートする手伝うということです。

どちらかというと家をつくる製造業ではなく、サービス業にあたるのでしょうか(笑)

 

私が売っている商品、サービス?

の建築サポートを使ってあなたは何を手に入れるのでしょうか?

それは一つしかありません。

私が提供する建築サポートを使ってあなたが手に入れるものは、

 家族の健康であり快適な暮らしです。

 

人によっては省エネ住宅かもしれません。

ある人にとっては自然素材の健康住宅かもしれません。

また、ある人にとっては住宅ローンの支払いが楽な安い家かもしれません。

施主さんが手に入れるものは一人一人違うかも知れませんが、

建築サポートを使って家をつくればあなたの希望が叶います。

そう、建築サポートは施主さんが望むものを提供し続けるのです。

 

私が売っているのは家ではありません。

家づくりをサポートする建築サポートです。

そしてこの建築サポートを使うことにより支払ったサポート費用の10倍の価値を提供します。

建築費が1500万円でも2000万円でも3000万円の価値の家を提供します。

それが建築サポートです。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net