中身が分からないと家の価格が高くても安くても何の意味もない!

家づくりで価格の事で悩んでいる人は結構多いですが、

家は安ければ安いほどいいというものでもないのでそこが

悩むところですね。

 

たとえば30坪くらいの家で同じ間取りの家でも、

「1000万円以下で作りますよ」という工務店もあるし

いや~「2000万円位ないとちゃんとした良い家は作れませんよ」

という建築会社もあります。

あれ~どっちが本当のことなの?

同じ大きさ、同じ間取りの家でもなんで2倍の差があるの?

と思うのではないでしょうか?

こうなると

家の価格ってどうなってんの?

という疑問もあるかと思います。

そこで今日は価格の中身を少し分かりやすく分解してみます。

 

家づくりの勉強をしている人はご存知でしょうが、家の価格というのは

材料費とその材料を組み立てる職人の人件費そしてその現場を指揮監督する

工務店や建築会社の経費と利益の合計が家の価格です。

 

最近の状況では材料費と人件費で請負価格の50%~75%

工務店や建築会社の経費と利益で請負価格の25%~50%

設計事務所は工事の請負価格の10%~15%が設計監理料となります。

設計事務所の場合は工事の請負価格が多少安くなる傾向があります。

(複数の工務店、建築会社による競争見積もりのため)

おおまかこのような割合ですね。

 

一昔前なら材料費と職人の人件費だけで家が建っていたので割と安く家が

建っていたのですが最近は工務店や建築会社が設計と施工を1式で請け負う

スタイルになっているので、その請負会社の

経費、利益が必ず必要になり、家の価格が高くなっています。

 

良い家を可能な限り安く建てようと思うなら、

1・いい材料を安く買う。

2・職人の人件費を出来るだけ適切に払う。

3・経費や利益が安い建築会社、工務店に家づくりを依頼する。

この3つのことを実行すればいいだけです。

 

また、とにかく品質とか気にしないのでただ単に安く家を建てたいと思うなら

1・安い材料を買う。

2・暇な職人や仕事がない職人に安い賃金でやってもらう。

3・施主が工務店や建築会社の代わりになり工事を進める。

この方法で家を建てれば良い悪いは別にして究極に安くなります。

 

価格について言えるのは、単に高い安いの問題ではないということです。

家は安ければ安いほど施主さんにとっては良いことですが、その中身を

きちんと分かることが大事です。

どのような材料を使っているのか?

どのような住宅の性能や住み心地なのか?

保証は?アフターは?

そこが分からないまま家の価格が高い安いと言ったところで何の意味もありません。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net