家づくりでお困りの方・悩んでいる方住宅相談を利用してみては?

私の本業は家づくりを企画から完成までをサポートするものです。

以前は実際の工事請負もやっていましたが、現在は工事の請負は止めて

家づくりのサポート業務に徹しています。

なぜ、工事を請け負わないのか?

ということになりますが、工事を請け負うと中立的な立場で施主さんと接することが

できないからです。

 

やはり工事請負となると誰でも自分のことを第一に考えますので

もし工事ミスや工事に関することで問題があってもそれを隠すようになります。

欠陥住宅もそれが一つの大きな原因ですね。

設計施工で工事を請け負うと自分がした工事を自分が管理することになり

常識的に考えて管理の機能が上手くいかないのは目に見えています。

 

そのような理由で工事を請け負うことは止めました。

設計施工で工事を請け負う方が利益としては高いのですが、いくら利益が高くても

良い家にならなければ意味がありません。

また、正直な家づくりを目指す私としては、いろいろな諸問題を隠して

仕事をしたくありませんしそのような仕事をしても楽しくありません。

 

仕事は楽しく面白くやるもんだとそれだけをバカの一つ覚えみたいに言っています(笑)

そのような仕事をしていれば自然と利益もついてくることでしょう。

そんなこんなで工事の請負を止めましたが、請負の経験が今は非常に役に立っています。

工務店として設計施工を請け負いをやってきたので工務店の気持ちもわかるし、

もちろん施主さんの要望もちゃんとわかっています。

 

施主さんと工務店とは利害関係がハッキリしています。

施主さんはできるだけ良い家を安く建てたいと思い

工務店はできるだけ高く売り利益を出したいと思っています。

これは立場が違うのでどちらも間違っていません。

 

そこの調整役が必要と思い、建築サポートをしています。

施工する工務店も利益がないのではやっていけませんし、かといって

工務店が要求する利益をそのまま出すほど施主さんの予算もありません。

工務店が施工できる価格、施主さんが出せる予算。

そのギリギリの線を見つけるのが建築サポートです。

 

工務店や建築会社ではない建築のプロに相談するのもいい家を安く建てることができる

唯一の方法だと思います。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net