企画住宅と注文住宅では求めるものが違う!

注文住宅と企画住宅の違いをご存知でしょうか?

注文住宅とは施主さんと業者がゼロの段階から作り上げていくものです。

間取りはもちろん、断熱材、外壁の材料、床材、構造材など全てにおいて

施主さんの最終的な判断が必要になるものです。

 

注文住宅の特徴はある程度、間取りや材料などが施主さんが希望すれば自由になる。

ということでしょうか。

 

さすがに最近では、構造から仕上げ材、住宅性能などの全てを施主さんが決めて行くという

注文住宅はなくなりましたが、耐震性能や温熱等級、間取りや住宅性能、壁床天井の材料の指定、

これくらいを注文される方がほとんどです。

 

ま~これも最近の事情からは注文住宅と言うことができるでしょう。

注文住宅を求められる方は、使う材料や住宅性能にこだわるというより

自由な間取りを求められる方がほとんどです。

 

一方、企画住宅と言うのは建築会社が間取りや使う材料、住宅性能を限定し

施主さんとの打ち合わせをなくしコストを下げようという住宅です。

企画住宅を希望される方はやはり間取りにはそんなにこだわらない。

 

という方がほとんどで、間取り集の中から選ぶ、建築会社が決めている間取りを

そのまま建てることになります。

企画住宅の一番の特徴は、気に入った間取りを見つけることができたら

価格を抑えてあるのでコストパフォーマンスの良い家になります。

 

あれも使いたいあそこもこうしたいという施主の方には物足らない一面もあると思います。

 

注文住宅は自由にほとんどの事ができる。

企画住宅は品質の割に安く家が建つ。

 

どちらが良いというものではなく、あなたに実情や予算に応じて

どちらにされるかを決められていいと思います。

 

私が計するとき注文住宅の場合はできるだけ要望をお聞きするように心がけますが、

企画住宅の時はできるだけ安い建築費でできるよう心がけています。

 

まとめると、

注文住宅は要望重視!

企画住宅は価格重視!

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。