企画住宅と注文住宅では求めるものが違う!

注文住宅と企画住宅の違いをご存知でしょうか?

注文住宅とは施主さんと業者がゼロの段階から作り上げていくものです。

間取りはもちろん、断熱材、外壁の材料、床材、構造材など全てにおいて

施主さんの最終的な判断が必要になるものです。

注文住宅の特徴はある程度、間取りや材料などが施主さんが希望すれば自由になる。

ということでしょうか。

 

さすがに最近では、構造から仕上げ材、住宅性能などの全てを施主さんが決めて行くという

注文住宅はなくなりましたが、耐震性能や温熱等級、間取りや住宅性能、壁床天井の材料の指定、

これくらいを注文される方がほとんどです。

ま~これも最近の事情からは注文住宅と言うことができるでしょう。

注文住宅を求められる方は、使う材料や住宅性能にこだわるというより

自由な間取りを求められる方がほとんどです。

 

一方、企画住宅と言うのは建築会社が間取りや使う材料、住宅性能を限定し

施主さんとの打ち合わせをなくしコストを下げようという住宅です。

企画住宅を希望される方はやはり間取りにはそんなにこだわらない。

という方がほとんどで、間取り集の中から選ぶ、建築会社が決めている間取りを

そのまま建てることになります。

企画住宅の一番の特徴は、気に入った間取りを見つけることができたら

価格を抑えてあるのでコストパフォーマンスの良い家になります。

あれも使いたいあそこもこうしたいという施主の方には物足らない一面もあると思います。

 

注文住宅は自由にほとんどの事ができる。

企画住宅は品質の割に安く家が建つ。

どちらが良いというものではなく、あなたに実情や予算に応じて

どちらにされるかを決められていいと思います。

私が計するとき注文住宅の場合はできるだけ要望をお聞きするように心がけますが、

企画住宅の時はできるだけ安い建築費でできるよう心がけています。

 

まとめると、

注文住宅は要望重視!

企画住宅は価格重視!

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net