家づくりで大事なポイント

家づくりで大事なポイント

 

 

家づくりの目的を明確にする事。

 

確かな情報を取り入れる事。

 

 

これらについて話します。

 

 

 

 

家を建てること自体が目的にならないようにしてください。

 

家を建てる目的は、生活を楽しむ事です。

 

 

生活の楽しみ方は、それぞれの価値観で変わってきます。

 

ですから、あなたの価値観で家を建ててくださいね。

 

この価値観を優先させると、他人からは“この家何”って言われる家になります。

 

こだわればこだわるほど、そう言う家になります。

 

 

 

今まで一番極端だったのが、ドーム型の天体観測場を作った方がいるそうです。

 

場所は結構田舎ですが、真っ暗になるわけではありません。

 

「そんな所に作って星見えるんか」

 

という話なんですが、その人にとってはそれが小さい時からの夢でした。

 

 

仕事を終え、自宅で優雅に星を見る事が、彼にとっては一番大事なことなんです。

 

だから、天体観測所が家にあると、寄り道しないでまっすぐ帰ってきますよね。

 

仕事だって頑張りますよね。

 

 

 

問題は、配偶者をどう納得させるかですよね(笑)。

 

だって何百万円も余計にかかるわけです。

 

奥さんにとって、星はどうでもいい話ですからね。

 

説得材料は2つ。

 

 

1つ目は、それによって毎日一生懸命働き、

 

まっすぐ家に帰ってくるんだったら安いと言うこと。

 

2つ目は、奥さんの夢もかなえてあげることです。

 

 

ちなみに、その奥さんの夢は、とにかく広いリビングが欲しいと言うことでした。

 

ですから、その家は、広いリビングと天文観測場しかない家になりました。

 

でも、その夫婦にとってはそれが一番いい家なんですね。

 

 

生活を楽しむことを目的にすると、そういう家になります。

 

他人から見ると、何でこんな家になるの?ってことになりますが。

 

 

 

ですから、夢を実現させる家づくりをしてくださいね。

 

そうすれば、毎日楽しく暮らせ、充実した生活を送れますよ。

 

 

 

 

現代は情報過多の時代です。

 

入ってくる情報の中には、間違ったものがたくさんあります。

 

だから、取り入れる情報の質を吟味しないといけません。

 

 

 

情報は自分で選んでいるつもりでしょうが、住宅情報は強制的に入ってきます。

 

折込チラシや新聞広告がそうです。

 

 

住宅情報誌は、ほとんどが記事のように見せかけた広告です。

 

ですから、その記事が提灯記事かどうかを確かめなければいけません。

 

(提灯記事:その記事元を持ち上げるために書かれた記事に対する呼称)

 

 

そして、自分に必要かどうか判断する基準を持たなければいけません。

 

全てを取り入れてしまうと頭が混乱して、正しい判断が下せなくなります。

 

よくあるのが、比較できないものを比べることです。

 

 

スポーツカーにはスポーツカーの特長があるわけです。

 

スピードが出るとか、加速感があるとか。

 

 

ワンボックスカーは、大勢で遠出が出来るとか、ゆったりした空間だとか。

 

乗用車だったら、乗り心地がいいとか。

 

しかし、この全てを満たす車はありません。

 

だから、自分の価値観によって選択する車は違います。

 

 

 

家も同じです。

 

まず、自分は何が欲しいかを知ることです。

 

そうすれば、情報は必要なものだけを取り入れるようになります。

 

そして、取り入れた情報の質をよく吟味すれば良いんですね。

 

 

 

情報は質だけではありません。

 

取り入れる情報の量も重要です。

 

 

 

特に、表に出てこない、自分が知りえない情報をいかに取得するかが問題です。

 

その中に、大事な情報やお得情報があります。

 

だから、取り入れる情報の質と量を良く考えてくださいね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。