温暖な佐賀県でも高断熱の家を建てよう。冬は暖かく夏は涼しく健康に暮らせる

限られた予算を重点的に使うのはどこ?
 
『断熱』という言葉は、あなたにもおなじみの言葉でしょう。
私自身、高断熱住宅をつくっていますし、今の時代高断熱の家をつくる技術は必須になってきました。
熱の通り道は、壁、床、屋根、窓といった具合に、たくさんあります。
 
その中でも、特に室内と屋外の熱が移動しやすいのが『窓』です。
屋外と室内の温度差が大きいほど結露が発生します。
 
結露は建物の劣化や腐食の原因の一つで、放置すると建物の寿命を短くします。
また、結露が原因で発生したカビをダニが餌にするので、健康被害をもたらします。
何より、一日に何度もふき取る作業は、大きなストレスになります。
 
カーテンや窓枠の下枠が汚れて劣化しますし見た目も良くないし清潔ではありません。
 
 
ところで、
あなたは、窓の断熱性能を表示する制度を知っていますか?
その製品の性能を4段階で示したものです。
等級は、4つの星を塗りつぶして表現します。
 
塗りつぶした星の数が多いほど、断熱性能が優れていると判断します。
時々フェイスブックにもその写真をアップしているので見られた方も多いのではないでしょうか。
ただ、全く同じ製品でも面積によって性能が下がることがあります。
 
ですから、面積の違う窓を選ぶ場合、等級の違いに注意しましょう。
新築時の窓の断熱化は即住み心地に大きく影響しますし、省エネにも
大きく関係します。
 
これからの家づくり計画では窓をどのような窓にするかでその家の価値が決まってしまうような感じです。
家づくりではいろいろな費用がかかりますが、限られた予算で快適で健康に暮らせる家が良いと思うなら、最優先したいのが『窓』です。
今の家で毎年結露で悩んでいるなら、家族の健康のためにも、家の寿命を延ばすためにも、必ず検討をして頂きたい窓ですね。

 

2016010212590000

アルミサッシの窓の結露↓

2014011608380000

2014011608490000

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。