佐賀でも高断熱の家を建てよう

  • 40%が無断熱住宅

 

 

  国土交通省によると、既存住宅の約40%が無断熱住宅だとか。

 

  次世代省エネ基準を満たしている住宅は5%なので、

 

  これからまだまだ寒さが厳しくなると、その5%以外の住宅で暮らす人は

 

  少なからず寒さに悩まされるということになります。

 

  季節の変化を楽しむために断熱性を抑えた人はともかく、

 

  それ以外の方にはつらい時期ですね。

 

 

 

  • 断熱性が低い住宅のデメリット

 

 

  ・冷暖房の費用がかさむ

 

  ・結露が原因でカビやダニが発生しやすく、住宅が傷みやすい

 

  ・部屋ごとの温度差が大きく、ヒートショックが起きやすい

 

  ・体を動かすのが億劫になるので運動不足になりやすい

 

 

 

  • 資産価値を重視するなら

 

 

  新築する時、将来の売却や賃貸に備えて

 

  資産価値を重視する人が増えているとか。

 

  一方、親から資産価値の低い住宅を相続したために、

 

  売却も維持管理もできずに困っている人が増えています。

 

 

  資産価値を高めるためには断熱性が欠かせません。

 

  断熱性が高いと、寒さ暑さによる健康被害を防ぐことができます。

 

  健康に暮らせる住まいなら、家族は毎日安心して暮らせます。

 

 

  広さを優先するか、断熱性などの性能を優先するか、

 

  または予算を優先するか、

 

  きっと難しい問題だと思います。

 

  

  これらは、数字や図面だけで説明されてもピンと来ないものです。

 

  OBさんの家などの実例で体感、話を聞きながら、

 

  より良い方向を探したいですね。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。