建築業者とよく相談して

あなたは、土地代金と建物代金の両方を、

 

1つの住宅ローンで支払う予定ですか?

 

 

もしそうなら、知っておいてほしいことがあります。

 

それは、

 

『先に土地の購入手続きをすると

 

 家づくりの打ち合わせに使える時間が限られてしまう』

 

ということです。

 

 

あなたに土地を売る業者は、

 

手付金を受け取って売買契約を交わし、

 

残金の支払いを待ちます。

 

しかし、待てる期間は数か月程度です。

 

 

その数ヶ月の間に施工業者を探して打ち合わせをし、

 

打ち合わせの合間に

 

住宅ローンを融資してくれる金融業者を探し、

 

施工業者と契約を交わす日に金融機関へ行き、

 

施工業者への手付金と土地業者への残金を支払って・・・。

 

 

・・・想像するだけで頭が痛くなりますね。

 

 

この忙しさから逃れるには

 

・土地代を現金で支払う

 

・予め施工業者を決定し、できるところまで進めておく

 

・土地と建物それぞれに住宅ローンを組む

 

・つなぎ融資を受けられる金融業者を探しておく

 

といった方法があります。

 

 

ただし、土地代の融資はOKだったのに、

 

建物の融資はNGだったという事例もあるので注意してください。

 

 

施工業者を決めるより先に気に入った土地を見つけた時は

 

支払い方法や時期についての不明点は、

 

土地業者に積極的に質問しましょう。

 

 

逆に、依頼したい施工業者を先に決めた時は、

 

彼らのアドバイスを参考にしながら土地を選びましょう。

 

 

業者によっては、土地業者と直接連絡を取って、

 

建物代金の初回支払日(=土地代金の支払日)を決めてくれます。

 

施主抜きで話が進むことを不本意に感じる人がいるかもしれませんが、

 

専門業者が直接連絡を取り合って調整してくれるのは、

 

何かと忙しい施主にとってはありがたいですよね。

 

 

 

 

損得勘定を優先させると、

 

土地販売業者、建物施工業者とあなたの関係は『売り主と買い主』で終わります。

 

これは、本当にもったいないことです。

 

なぜなら、

 

 

業者はあなたの役立つ知識を豊富に持っているからです。

 

『先生と生徒』『良きパートナー』といった関係を築けると、

 

彼らから多くのことを吸収できます。

 

 

住宅ローンの件についても、

 

それ以外のことについても、

 

親身になってアドバイスしてくれることでしょう。

 

 

より良い家づくりのために、

 

小さな疑問でも気軽に相談できる関係を築きたいものですね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。