建築費がこんなに安くて本当にいいのか

建築サポートをしていると

 

お客さんから他の建築会社の見積もりと図面を見せてもらう時があります。

 

 

それを基に建築サポートでも見積もると

 

家の大きさ床面積45坪。

 

一般的な普通の建材仕様。

 

 

大手ハウスメーカー 3010万円税込 坪単価66,8万円

 

小規模な工務店 2376万円税込  坪単価52.8万円

 

建築サポート 2161万円税込 坪単価48.8万円

 

こんな感じです。

 

 

大手ハウスメーカーとの価格差849万円。

 

小さな工務店との差も215万円。

 

 

自分で積算してみて結構差があるな~と言う感じです。

 

予想以上に建築サポートの家づくりは安いと感じました。

 

 

この安さの原因は材料費や施工費を落としたのではなく

 

その他のムダな経費や利益を適正に計上しただけなんですが、

 

経費利益を適正価格にするだけで家はこんなにも安くなるんだと

 

実感しました。

 

 

このような価格差は、他の建築会社さんと比べてみないと

 

分からないものですが、時々他の建築会社さんの見積もりを

 

見る機会があればその都度見積もり比べをしてみたいと思いました。

 

 

建築サポートが多くの人から支持されるのは、

 

「品質の高い家をお手頃な価格でしかも、建て主、施主、建築サポートなど

 

家づくりにかかわる全ての人が損をしない得する家づくり」

 

だからです。

 

 

建築業者の利益を過剰に取らない仕組みで適切にすることで、

 

その分を材料費や施工費に回すことができます。

 

 

これを崩すわけにはいかないので、他社との比較をある程度していかないと

 

いけないみたいです。

 

 

ただ、こんなにも価格差があると、私の積算が間違っているのでは?

 

と安すぎて心配になる時がありますが、

 

利益を適正に計上すればこうなります。

 

 

 

家の価格は依頼先次第でこうも幅があるんですね。

 

 

だから品質の高い家を安く建てるには依頼先が選びが最も重要なのです。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net