新築の見学会をお願いされたら?

あなたが新築をする時、業者に

 

「あなたのお宅で見学会をさせてください」

 

と言われることがあるかもしれません。

 

今のうちに注意点をお話ししておきます。

 

 

見学会には、いくつかの種類がありますね。

 

よく開催されているのが、

 

・骨組みが見えている状態での『構造見学会』。

 

・住める状態までつくり上げた状態での『完成見学会』

 

です。

 

 

これらの見学会は、作業の進捗に合わせて開催されるわけではありません。

 

作業計画の進捗に合わせて計画を立てます。

 

そうしないと、集客に必要な時間を確保できませんから、当然と言えば

 

当然のことです。

 

 

ただ、新築工事の場合、計画より遅れることがあります。

 

これが1日2日の遅れなら、まだマシです。

 

資材の発注ミスや計画の変更などで、もっと遅れることもあります。

 

しかし、遅れを取り戻し、見学会に間に合わせるために急いで作業を

 

して、その結果、施工不良になってしまったら・・・。

 

 

到底納得できませんよね。

 

 

ですから、もし見学会の依頼を引き受けるのなら、業者には余裕を

 

持ったスケジュールを組んでもらいましょう。

 

それはつまり、引き渡しまでの時間が長くなるということでもあります。

 

 

これから何十年も住むことを考えたら、余裕のある工期で、丁寧な作業を

 

してもらうことを優先した方が安心です。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。