家が完成してからが大事

初めて家づくりをする時は、新居が完成した時点を『ゴール』

 

だと思いがちです。

 

ところが、今までゴールラインだと思っていたのは、実はスタートライン。

 

本当の戦い(?)が、やっと始まるのです。

 

 

あなたが新居で暮らすようになると、『家を守る』という仕事が

 

始まります。

 

 

家の小さな変化に気付いて小まめにケアしたり、定期的にメンテナンスを

 

することで、施工業者と一緒に家を守っていくんです。

 

 

ただ、それまでのトラブルが原因で施工業者と関わりたくない場合や、

 

完成後に施工業者が倒産した場合、あなたと一緒に家を守ってくれる人が

 

いなくなります。

 

 

それでも、家が新しい間は、それほど危機感を感じないかもしれません。

 

むしろ、

 

「定期点検の時にセールスをされてうっとうしいと思っていたから、

 

施工業者が来なくなってちょうど良かった」

 

と感じるかもしれません。

 

 

しかし、最近の日本では、猛暑、ゲリラ豪雨、竜巻など、家に大きな

 

負担を強いる状況が増えています。

 

 

こんなとき、あなたと一緒に家を守ろうと思っている施工業者は、すぐに

 

連絡をしてくれたり、直接家を見に来てチェックしてくれます。

 

こんなパートナーがいると心強いですよね。

 

 

誰も守ってくれなくなった家を『無管理住宅』といいます。

 

 

あなたの大切な家を『無管理住宅』にしないためには、信頼できる

 

施工業者と一緒に家を守り続ける必要があります。

 

施工業者が嫌なら、別の業者に定期点検を依頼することもできます。

 

 

最近はドライな関係が好まれがちですが、家を守る仕事は1人ではできません。

 

信頼できる施工業者が一緒に守ってくれると安心ですね。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net