高額な家づくりですからしっかりしたものを使おう

建築資材も値上がり傾向。

 

材木や建材等に関しては、

 

世界的な住宅建築の増加、今後の原油高等により、

 

今後、価格がアップしていく可能性も

 

否定できません。

 

 

また、消費税も最終的には10%もしくは

 

それ以上になるという話ですから、

 

高額な費用が必要となる「住まい」に関しては、

 

今のうちから準備が必要かもしれません。

 

 

そこで何をすれば良いか?

 

ということですが、

 

ズバリ!「住まい流節約」です。

 

 

「住まい流節約」とは一般的な「節約」=電気

 

をこまめに消す、水を出しっぱなしにしないと

 

いうことだけでなく、一生涯、できることなら

 

2世代、3世代にわたっても耐えうるものを

 

「選ぶ目を養う」ということです。

 

 

そのためには、ご自身の好き嫌いを抜きにして、

 

目の前にある様々な「家」という「家」をよ~く

 

観察することです。

 

 

 

家は高額な費用を掛けてつくる割には

 

寿命が短いものです。

 

その原因はやはり、耐久性が高い材料が使われていない

 

というのが上げられます。

 

今のほとんどの家に当たり前のように使われる

 

新建材=合板=フローリング

 

この材料を使う場合はしっかりとした湿気対策が

 

家の寿命を延ばします。

 

 

新建材を使う場合は窓結露による床材の腐れ、床下の結露

 

による床下地材及び床材の腐れ、

 

結露対策、湿気対策がポイントになります。

 

新建材の床材の場合は25年程度が一つの目安ですね。

 

湿気対策が甘いと、25年後には大きなリフォームの可能性大です。

 

住宅ローンが終わったと思ったら大型リフォームの時期。

 

こうならないように注意が必要です。

 

建材選びは慎重に。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net