自然素材を使っても乾燥します

寒くなると暖房の設定温度を上げたくなりますが、

 

ある程度断熱性能がいい家は、設定温度を上げすぎると

 

室内が乾燥しすぎるので、できるだけ上げないようにしたい

 

ものです。

 

 

ところで、体感温度ってご存知でしょうか?

 

一般的に暑い寒いは室温に影響されると思いますが、

 

体感温度とはその人が肌で感じる温度とでも言いましょうか、

 

同じ室温でも、壁や床、天井、家具などの温度で、その人が

 

感じる体感温度も違ってきます。

 

 

ある辞書では、

 

「からだに感じる暑さ・寒さなどの度合いを数量で表したもの。

 

気温のほか風速・湿度・日射なども関係する。実効温度・不快指数などがある。」

 

と書いてありました。

 

 

高い室温でも、壁などが冷えていると、寒く感じますし

 

低い室温でも、壁などが暖まっていると暖かく感じます。

 

輻射熱の暖房機を使うと壁や天井などが暖まりやすいので

 

室温は低くても暖かいということです。

 

 

また、エアコンやファンヒーターでの暖房は、すぐ暖まりますが

 

スイッチを切ったら、すぐ寒くなる傾向があります。

 

それは断熱性能や蓄熱性能の違いで多少変わると思いますが

 

輻射熱暖房の方がスイッチを切っても持続性があるようです。

 

 

どちらにしても、暖房をするということは、過乾燥になりますので

 

浴室のドアを開け放つとか洗濯物を室内に干すとか、加湿器を使うとか

 

対策が必要かも知れません。

 

40~60%が一番快適な湿度ではないかといわれています。

 

湿気が高いのも困りますが、低いのもいろいろな、問題がでてきて

 

困ります。

 

 

それは人と同じく建物も過乾燥すると、柱が割れたり

 

無垢の木の床が反ったり、隙間ができたり、塗り壁に

 

クラックが入ったり、いいことはありません。

 

何事もほどほどというのが一番ですね。

 

 

 

 

できるだけ湿気調節が可能なように自然素材の

 

無垢の木や塗り壁を使っていますが、それでも

 

暖房するこの時期は、乾燥が激しいようです。

 

今から寒くなってきますが、

 

風邪などひかないようにご注意ください。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net