もうすぐ冬になりますが、今日は夏対策を考えてみましょう

もうすぐ冬になりますが、今日は夏対策を考えてみましょう(笑)

 

 

夏涼しく冬暖かい家とはどこの建築会社さんも言いますが、

 

これには基準というものがないので、どのくらい涼しいのがいいのか

 

明確にはわかりません。

 

そこで、私は、エアコンなしでも過ごせる家が、夏涼しい

 

基準だと思っています。

 

 

ではエアコンなしで過ごすために必要なことは?

 

 

断熱材を厚くして、窓も遮熱サッシ、壁や屋根には

 

遮熱シートをはり、壁からの熱い空気が通気層から屋根通気層を

 

通り棟換気から出ていく。

 

 

外壁材は、太陽の熱放射を跳ね返す、白い塗り壁を使い、表面温度

 

が下がるようにする。

 

 

もちろんこのようなことは、必要です。

 

しかし逆に言うとこれ以上のことは、できないのです。

 

そこで、考えてほしいのが、ローテク。

 

 

以外に夏対策で、効果があるのが、

 

東西方向から直射日光をカットするヨシズやスダレです。

 

見た目を考えなければこれが最高にいい、夏対策です。

 

価格も安いし、簡単です。

 

 

南方向の窓は太陽が高い位置から入ってくるので、軒や庇が

 

ある程度出ていれば、太陽熱の放射を防ぐことができます。

 

我が家でもヨシズ、スダレは夏対策で使いますが、何も新い

 

技術でなくても昔ながらのローテクなものでも結構、効果が

 

あります。

 

 

また、サッシに複層ガラスを使っているところは注意です。

 

複層ガラスは夏の日差し対策としては不十分で、単板ガラスと

 

ほぼ同じ遮蔽性能しかありません。

 

 

夏対策としては、遮熱高断熱複層ガラスを使うことです。

 

このガラスを使ったとしても、太陽の放射熱を半分程度しか

 

カットできないのですから、これを補うための、ヨシズやスダレが

 

有効ということです。

 

 

また、南の掃き出し窓には、オーニングもいいですね。

 

ウッドデッキの上には手動で遮蔽できるものが必要です。

 

真夏のウッドデッキの表面温度は50℃にもなります。

 

 

 

 

夏涼しく暖かい家は●●工法、●●システム等々

 

もいいですが、基本的に費用がかかります。

 

 

また実際にそのような工法等取り入れても、本当に

 

効果があるのか、分からないものも多く存在します。

 

それより、基本的なこと、断熱材を隙間なく入れる。

 

通気層を確実に確保する、遮熱効果のある外壁材を使う

 

遮熱高断熱複層ガラスを使う。風通しを考える。

 

これだけで十分効果があります。

 

 

いや、出来るだけ複雑な工法やシステムは使わない

 

ローテクなもの、自然の力でエアコンがいらない家が

 

できればいいですね。

 

 

あまり風が吹かない地域でも、建物の中に、温度差を

 

つくれば、気流が生まれます。

 

その自然のかすかな風が気持ちいいのではないでしょうか。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net