これからの家づくりはこれ!

私が勧める家づくりとは?

 

断熱材は隙間なく施工できる高性能断熱材。

 

日射により暑くなった壁の中や小屋裏の熱気を出すための屋根換気。

 

サッシは樹脂遮熱ガラス アルゴンガス入り。

 

窓を断熱強化すれば熱損失が少なく、少ないエネルギーで快適な

 

室内をを実現できる。

 

 

断熱を強化していない窓の場合、冷暖房の快適な空気の

 

大部分が窓から逃げていく。

 

 

外壁は蓄熱性、熱伝導率、耐久性を考えた塗り壁。

 

内壁は調湿性能、蓄熱、熱伝導、耐久性がいい塗り壁。

 

天井は風合いと調湿性能重視の土佐和紙。

 

床は足ざわりが暖かい無垢の木。

 

 夏涼しく冬暖かい家。

 

洗面所もトイレも北側の寝室も暖かい。

 

ヒートショックの危険性も低い。

 

もちろん結露なんて無縁の清潔でクリーンな空気

 

天井、壁、床全て自然素材なので調湿性能抜群。

 

夏涼しく冬暖かい家には最適な自然素材。

 

 

冷房はエアコン2~3台で家中を冷房。

 

冷えすぎない暑すぎない自然な住宅全体の冷暖房。

 

自然素材の本物の材料。

 

その材料はメンテナンスはほとんど必要ない。

 

万が一の火災時も有毒ガスが出ない。

 

 

 

シロアリは怖い、2年で土台や柱がぼろぼろ。

 

シロアリ対策はきちんとやる。

 

床下の湿気対策。

 

 

大事な我が家を半永久的に守る。

 

床下の定期点検の結果、床下は常に乾燥した

 

綺麗な状態。カビなど一切ない。

 

床下の湿気対策も万全。

 

家の湿気対策を万全にやれば家は長持ち。

 

 

こんな家に住んだ人の感想。

 

ホントに暖かくて快適ということ。

 

結露もなく空気もきれいということ。

 

 

住宅の基本性能は構造計算で安全を確かめた

 

耐震等級3

 

断熱性能はもちろん等級4

 

 

設計と施工を分離。

 

施工する工務店の棟梁は大工の先生。

 

県の指導員免許も持つ技術者。

 

 

設計と施工を分離するからムダな費用は一切ない。

 

予算オーバーしないよう徹底的に予算管理

 

コスト調整。

 

 

工事管理は施工の工務店が責任施工。

 

工事監理は建築士が監理。

 

この家を大手企業で建てるとなると

 

坪80万円~

 

それを、ビックリの坪60万円以下。

 

 

 

今後の課題。

 

今後目指す家づくり。

 

 

もっとコストダウンに挑戦。

 

もっと断熱性能アップに挑戦。

 

暖房機1台で家中が暖かい。

 

エアコン1台で家中涼しい。

 

太陽光発電をのっけて、光熱費をゼロに。

 

省エネ・ゼロエネの時代。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net