塗壁を使った佐賀の自然素材の家

住宅に使われている建材や、接着剤、塗料などに含まれる

 

化学物質が空気中に飛散して室内の空気を汚染し、

 

アレルギーなど様々な体調不良を引き起こす

 

住まいのことを「シックハウス」といいます。

 

 

現在、建築基準法ではホルムアルデヒドとクロルピリホスの2つ

 

が規制対象物質となっています。

 

 

しかし、存在する化学物質は数万種類以上と言われ、

 

いまだシックハウスの決定的な原因である

 

化学物質は解明されていません。

 

 

そのような現状では、規制対象物質の基準数値を

 

クリアしたからといっても心配です。

 

 

そこで私は、これまで「化学物質を極力使用しない」ことを基本姿勢

 

に、自然素材を使った家造りに力を入れています。

 

 

フローリングには、化学薬品を使用していない無垢材を使い、

 

米ぬかや厳選した植物性のオイルで塗装をしています。

 

 

また、室内の壁はビニールクロスではなく、

 

漆喰(しっくい)と土佐和紙を使用しています。

 

 

その他、自然素材へのこだわりは、

 

 

ここで書き切れないくらい多岐にわたります。

 

 

確かにビニールクロスを始め化学建材は見た目も

 

よくて施工性、値段もお手ごろとメリットもあります。

 

 

しかし、コスト優先、見た目優先の家づくりの結果、シックハウス

 

という今までなかったような病気を引き起こしました。

 

 

安心、安全な家づくりよりコスト、見た目が優先されたのです。

 

そろそろコスト・見た目優先より安心安全な家づくりにシフトすべき

 

時期に来ています。

 

 

 

 

 

 

自然素材を使う一番の理由は、少しでも危険がある材料は

 

使わないということからです。

 

 

法的にはビニールクロスや合板フローリングも基準を

 

クリアーしているので問題ありません。

 

ただ、基準をクリアーしている建材と安全な建材とは

 

基本的に違います。

 

 

法的基準はクリアーしても体によくないもの

 

不経済なものはいくらでもあります。

 

少しでも心配な要素があるものは使用しないことが

 

安心につながります。

 

 

安心な家に長く住み続けることが大事です。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net