玄関はバリアフリーではありませんよ。

玄関はバリアフリーではありませんよ。

 

 

 

家の玄関には、一般的な段差の階段が2段あります。

 

 

近所の方がその段差のある玄関から足を踏み外し

 

数か月入院されました。

 

転げ落ちたときに腰を打ったということで、

 

まだ本調子ではないということです。

 

高齢の方で元の身体に戻られるかは分からないとのことです。

 

 

 

 

 

 

あなたは毎日たくさんの家々の前を通ることでしょう。

 

その時、玄関を見てください。

 

その玄関に段差がありますか?

 

もしあるなら、段差はどれくらいですか?

 

 

最近は、バリアフリーが当たり前の時代です。

 

しかし、室内に段差がなくても、そこにたどり着くまでが

 

バリアフリーでなければ、その家はバリアフリー住宅としては

 

不完全ではないでしょうか。

 

 

住み始めてから玄関を改修するのは大変です。

 

それに、玄関から道路の距離によっては、スロープを設けられない場合があります。

 

段差を減らすために段数を増やすことすらできない場合もあります。

 

 

私たちは、体調や年齢に応じて、段差に不便を感じることがあります。

 

家づくりの最中は、ついつい室内のことばかりに気を取られがちです。

 

 

でも、快適に暮らすために、玄関周りのこともしっかり考えておきたいものですね。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。