20年経てば家の資産価値はほぼゼロ

新年を迎えたと思っていたら、あっと言う間に

 

  半年たちました。

 

  本当に月日が経つのは早いですね(笑)

 

  

 

  ところで、

 

 

  木造の戸建て住宅は、

 

  約20年で価値がゼロになるような評価方法が

 

  慣習化されているといいます。

 

 

  一方、アメリカでは

 

  リフォーム投資なども資産評価に反映される仕組みになっています。

 

  そのため、日本のようにどんどん評価が下がるようなことはありません。

 

  ちょっと羨ましいものですね。

 

 

 

  ■苦しんでいる高齢者

 

 

  高齢になり、身体が思うように動かなくなると、

 

  庭の草抜きや日々の掃除が難しくなります。

 

  年金生活のため、

 

  定期的なメンテナンスなどに充てられる予算が無くなります。

 

  車の運転が困難になると、買い物に行くことすらできません。

 

  そのため、

 

  「車が無くても不自由しない場所に住みたい」

 

  「小さな中古住宅に住み替えたい」

 

  「家賃が安い公営住宅で暮らしたい」

 

  と願う高齢者は多いのです。

 

 

  しかし、長年住んだ家の評価額が低いと、金融資産が無い人は、

 

  暮らしやすい環境に住み替えることができません。

 

 

 

  ■国の方針は

 

 

  国は、建物の評価方法を改善し、担保価値を国が認定し、

 

  住宅が資産として適正に取引されるようにしたいと考えています。

 

  築年数にこだわらず、メンテナンスの状態をチェックし、

 

  使用価値に基づいた評価にするんです。

 

 

  そのために一番大切なのは、外観や設備ではなく『基礎・躯体』です。

 

  基礎や躯体の性能が劣っていては、安心して暮らすことができません。

 

  設備や外観が良くても、安全でない家など意味がありませんからね。

 

  

  新築時に基礎や躯体部分にこだわることは、

 

  将来の生活の安定にもつながります。

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。